十二運星 四柱推命

十二運星「病(びょう)」について

更新日:

今回ご紹介するのは、十二運星の「病(びょう)」です。
病は人の一生で表すと、病人。
病気になるとかそういうことではなく、病人の様子を表しています。
今回は、その「病」について解説していきます。

お手元にご自分の命式がない方はこちらのサイトをご利用ください。

→ 無料で生年月日から命式を調べる

「十二運星」は水色枠の部分です

 

 

病の特徴

妄想
夢見がち

病の星を活かすには

夢やロマンを持つこと
それを達成するために努力すること

※以下、動画の解説部分の書下ろしです☆

 

今日は、十二運星の「病」についてです。
どうぶつ占いだと病は「コアラ」。
「病」は人の一生で表すと、病人です。
病気になるとかそういうことではありません。

病人のような状態。つまりベッドの中にいて
元気になったらあれをしたいな~これをしたいな~
と夢うつつな状態を表しています。

そのため、どうぶつ占いでも木の上にいていつも寝ているコアラが
設定されていますね。

ボーっと考え事をしている時間も多いのが病の人の特徴です。

夢はたくさん見るんだけれど、なんせ寝ているので
あまり行動力はありません。
病の人に行動力が伴うと、魔法使いのように夢をどんどん叶えられる人になるでしょう。

病を持っている人は、村上春樹さん、キム・ヨナさん、小田和正さん、
小室哲哉さんなどがいらっしゃいます。

病を持つ人がお友達でいる場合、
夢多き人なので、会うたびに壮大な夢を語るかもしれませんね。
妄想するのが大好きな人たちですから、
実現方法を伝えるよりも
「いいね!」と楽しそうに聞いて
その夢を広げてあげてください。

病のご紹介は以上です。

 

 

 

fotune teller

 

 

-十二運星, 四柱推命

Copyright© 四柱推命鑑定師養成講座・横浜教室・全国インターネット受講 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.