自己分析

四柱推命を使って自分に合った仕事を探す方法

こんにちは、はるみです。
これまで、好きなことを仕事にしてきました。
我が家は私がお父さんで、夫がお母さん(主夫)です。

私が今まで仕事にしてきた好きなこと

せどり(Amazonにショップを持ち、仕入れて販売)

情報発信(せどりで稼いだ方法をブログやメルマガを使って発信)

アフィリエイト(商品を紹介して売れたら報酬が入る)

ブランド転売(市場で中古のブランド商品を仕入れてメルカリで販売)

四柱推命セッション

四柱推命を教える

上記の通り、2012年から好きなことを仕事にして家族を養っています。

途中、好きじゃないことを仕事にしてしまって心身共に疲弊していたときもありますが、基本的には好きなことを仕事にできています。

「はるみさんのように、私も好きなことを仕事にしたい!」
というお声をいただくので、今回は、”四柱推命を使って自分に合った仕事を探す方法” についてお伝えします。

四柱推命で見た「働き方」

まずは、星の意味をざっと理解しておきましょう。
ここで大事なのは「そうなんだ」と信じてしまうのではなく「確かにそうかもしれない」という部分があるかどうか、を見つけることです。

信じるのは簡単ですが、四柱推命は全てではありません。
正解はあなたの中にしかありません。

思い出す時のヒントとして、「イラっとする時」「モヤモヤする時」を思い出してみてください。他の人と比べて、ではなく自分の中にそういう要素があるかどうか、です。

日柱の十干

まずは、日柱の十干から見てみます。画像のピンクの部分ですね。
上記の画像だと「戊午」となっていますが、見るのは1文字目です。上の場合は「戊」です。

日柱の十干は主に「大切にしたいこと」が現れやすいです。

自分の命式がない人は下記サイトから出してください。
無料の命式サイト

向上心
環境
グループの中心
貢献
変化が激しくない
自分の知識
信念
世界観
新しい情報
積み重ね

私の場合は、信念ですね。
「信念」を大事にすると力倍増ですね。

通変星

次は、黄色枠で囲っている「通変星」を見ていきます。
この部分は「得意なこと」がわかったり、「嫌でも意識しちゃうこと」などが現れやすいです。

比肩 得意:目標に向かって努力すること
無理:頑張ってない人と同じ給料なこと
対策:頑張った分だけ成果を得られる仕事
劫財 得意:合理的に進めること
無理:合理的じゃないこと
対策:自分のペースで進められる仕事
食神 得意:楽しむこと
無理:期限があること
対策:期限がなく楽しめる仕事
傷官 得意:細かい部分にまでこだわること
無理:こだわりを理解してもらえないこと
対策:こだわりが認められる仕事
偏財 得意:顔色を読むこと
無理:顔色・空気が読めないこと
対策:コミュニケーションの取りやすい仕事
正財 得意:ルールに従うこと
無理:ルール通りにできないこと
対策:ルールが変化しない仕事
偏官 得意:思い立ったらすぐに動くこと
無理:じっとしていないといけないこと
対策:動き回っていい仕事
正官 得意:指示に従うこと
無理:自由度が高いこと
対策:手順がわかる仕事
偏印 得意:新しいことに取り組むこと
無理:ルーティーン
対策:変化のある仕事
印綬 得意:調べること、調べたことを伝えること
無理:答えのないこと
対策:学んだことを教える仕事

ざっとこんな感じです。星同士の組み合わせによって意味が薄まったりすることもありますが、そういうところがあるかどうか思い出してみてください。

私の場合は、下記の通りです。

無理
  • こだわりを理解してもらえないこと
  • 顔色・空気が読めないこと
  • ルーティーン
  • 答えのないこと

対策
  • こだわりが認められる仕事
  • コミュニケーションの取りやすい仕事
  • 変化のある仕事
  • 学んだことを教える仕事

実際、顔色、空気の読めないコミュニケーションは特に苦手なんです。(メールとか)
だから、そういうコミュニケーションは少ない方が良さそうですね。
(もし、そんなことないようであれば信じる必要はありません)

ないものは努力せず、あるものを伸ばすことを考えましょう。
ないもので当てはまっているものがあればそれも採用するといいと思います。

あくまでも「四柱推命を信じる」のではなく、「四柱推命を使って自分に合った仕事を探す」ので、自分の内面がわかればそれでOKです。

十二運星

では、次に水色枠で囲った「十二運星」を見ていきます。
この部分は「エネルギーを発揮しやすい状態」が現れやすいです。

長生 信用を得る
沐浴 自由
冠帯 華やか
建禄 コツコツ
帝旺 自分中心
知識や経験を披露
創造性
精神性
探求
感性
新しい挑戦
年上の人

こんな感じです。

私の場合は、「自由」と「創造性」です。
「好きなことを仕事にする」のも、自由×創造性ですね。自由じゃないとエネルギーが発揮されず面白いことを常に考えていたいです。

宇宙盤

最後に見るのは、ピンクで囲ったところの下にある数字です。
上記の画像の場合、右から「16」「13」「55」です。それを、下の宇宙盤と同じ数字のところに点をしてその点を結んで三角形を作ってみてください。

2000年1月1日生まれの人の場合、かなり細い三角形ができます。
三角形は小さければ小さいほど、もしくは細ければ細いほど、大人数が苦手だったりします。特に下のエリアに三角形がある人。

私は下のエリアにのみ三角形があるので、大人数の前で喋ることはできても、少数の方が安心します。少数の方が自分らしさを出しやすいです。

自分に合う仕事をすると生産性が高い

四柱推命を使って自分に合った仕事を探す方法の解説は以上です。

こういったツールを使って、「自分の価値観」を理解していくと自分に合った仕事を見つけやすくなります。「いくら稼げるか」ではなく、「幸福度が高いかどうか」で仕事を探した方が良いです。

幸福度が高い方が、生産性が高くなるのは明らかです。まして、起業する人はどれだけ短時間で作り上げるか、が大事だと思うので「自分の価値観」を知っているかどうかで結果も大きく異なります。

ぜひ、自分に合った仕事をして幸福度を高めてくださいね。

四柱推命まとめ記事四柱推命の記事まとめです。 干支・通変星・十二運星・天中殺・運勢などについて解説しています。 占いについて https:/...
関連記事はこちら