自己分析

鳥海流四柱推命の「陰転」と「陽転」について

「表の私」「裏の私」なんて言いますが、「太陽」と「月」、「女性」と「男性」、「日向」と「日陰」のように様々ところに「裏表」が存在します。

今日はその陰陽論について私なりの解釈でお届けします。

陰陽論とは

陰陽論をwikipediaで調べてみると

陰陽(いんよう・おんよう・おんみょう、拼音: yīnyáng、: yin – yang)とは、中国思想に端を発し、森羅万象宇宙のありとあらゆる事物をさまざまな観点から(いん)と(よう)の二つのカテゴリに分類する思想。陰と陽とは互いに対立する属性を持った二つのであり、万物の生成消滅と言った変化はこの二気によって起こるとされる。このような陰陽に基づいた思想や学説陰陽思想陰陽論陰陽説などと言い、五行思想とともに陰陽五行説を構成した。

このように書かれています。

わかりやすい言葉で言うと、

陽=ポジティブ

陰=ネガティブ

ポジティブな状態を「陽転」ネガティブな状態を「陰転」と言います。

鳥海流で言う「陽転」「陰転」とは

鳥海流では、「陽転」「陰転」という言葉が多く使われます。

「陽転」とは

・星の良い意味が当てはまっている

・仕事もプライベートも順調にいっている

・ヤル気に溢れ、気分が良い

「陰転」とは

・星の悪い意味が当てはまっている

・仕事もプライベートもうまくいっていない

・ヤル気も出ず、気分が落ち込んでいる

このように判断します。

しかし、「太陽は良い、月は悪い」と言わないように、陽転していることが良くて、陰転していることが悪いという訳ではありません。

今、陰転している(ネガティブ状態になっている)だけ

と捉えます。

陰転している私はダメなんだ…

ではなく、

今、陰転しているから陽転させていけばいい!

と考えればOKです。

陰陽は自分次第

星にもそれぞれ陰陽が存在しています。一つの星に一つの意味ではないんです。

そして、どちらが出るかは、その人次第。

・この星とこの星があると陰転する

・この星があれば陽転しかしない

と”決まっていることなんてない”ということ。

なぜなら、羽生結弦くんは一人しかいないし、キムタクも一人です。

大きな怪我をした羽生くんは、その後、怪我や気持ちさえも乗り越え金メダルを取りました。さて、羽生くんと同じ生年月日の人は同じ状態になった時、

同じように思え、同じように華々しい結果を得ることができるでしょうか?

これって、なかなか難しいのでは?

つまり、星の意味はひとつに決まっておらず、自分の捉え方で変化するのです。

四柱推命を「使う」という視点

四柱推命をそのまま信じると、陰陽も決まっていることになってしまいます。
そうなると、運命も決まっていることになってしまいます。本当にそうなのでしょうか?

運命が占いで決まっているとしたなら、羽生くんと同じ生年月日の人は何故、羽生くんのような大スターになっていないのですか?

例えば、何かのキッカケで考えが変化したことってないですか?

「誰かのアドバイス」「読んだ本」「たまたま見たテレビ」などから、今までとは違った物の捉え方をすることは珍しくないはずです。

だから、四柱推命も

自分で選択することができるもの(使えるもの)

として利用してもらいたいと思っています。

「私はどうなりますか?」
「どんな運命ですか?」
と聞かれることが多いですが、占いで運命は決まっていないので

わたしは、どんな人生を歩みたいのだろう

占いの結果から人生を考えるのではなく、「自分の想い」から占いを活用していってほしいのです。

両方の意味を知っておく

星の意味に「陰陽」があり「この星は良くて、この星は悪い」は存在しません。

どんな星にも陰陽は存在する

なので、自分の持っている星の陰陽両方の意味を知り、

・今どちらに偏っているのかな
・もっと楽しく過ごすためにどんなことができるかな
・注意するにはどんな対処法があるかな

そんな視点を持って欲しいと思っています。
自分を知る、って周りに左右されない自分になる。という意味でもあります。

占いに使われるのではなく、占いを使える自分でありたいですね。

関連記事はこちら