本解説

起業に必須なチカラ【自分を操る超集中力】

最近、朝の6時〜7時に朝活読書をしています。
せっかくなので、その模様をYouTubeでライブ配信しています。

上の動画は初めてのライブ配信だったのですが、結構喋ってます。
喋りやすい本だったのもありますが、基本は無言読書して、時々呟いて…
という感じなので、

[st-kaiwa2]朝活したい、けど一人じゃ寂しい、一人じゃ続かない。[/st-kaiwa2]

って人に作業用として見てもらえたらと思っています。

 

この3日間は、DaiGoさんの「自分を操る超集中力」と
ココナラの社長南さんの「好きなことしか本気になれない」を読みました。

どちらも、これからの起業に必要な話だと思うので買って損はないと思います。


図解 自分を操る超集中力


好きなことしか本気になれない。 人生100年時代のサバイバル仕事術

 

「好きなことしか本気になれない」は、

好きなことだから人は頑張れるし、頑張れるから仕事になる

そのために必要な力とか考え方について書かれています。

 

私と夫が主宰している四柱推命起業スクールで言っていることと同じだったので読みやすいです。

 

で、好きなことを仕事にするには、自分で作業して結果を出していくことになりますよね。
そのためには色んな挑戦をすることになると思います。

そこで重要になってくるのが、「集中力」。

 

ダラダラとやっていても結果に繋がらないので、集中して取り組んでいきたい
そのために必要な「集中力」をDaiGoさんの「自分を操る超集中力」で紹介されていることを実践して高めていく、という流れです。

 

どちらも、既に起業している人にもこれから起業していく人にも重要な話です。
なので、今回の記事では「集中力の高め方」について本を読んでのまとめを紹介していきます。

 

集中力の高め方、大切なのは2つ

集中力を高めるために大切なのは2つです。

1)習慣化させる

2)即決断できる環境にする

たったこれだけです。

 

人は新しいことをする時は意識(脳)を使うことになりとても疲れます。
テスト勉強とか新しい仕事も覚えるまではかなり疲れますよね。

 

何度も何度も反復して覚えることで「無意識化」していくわけですが(意識しなくてもできる状態)、

【好きなことを仕事にする】って脳にとっては結構な負担です。

 

「好きなこと」自体は無意識にできると思いますが、
それを商品化するには「お知らせ」する作業や「販売」する作業も加わります。

どれも「初めての経験」です。

 

また、「好きなこと」って「一生好きか?」っていうとそうでもなかったりします。
だから、ずっと【チャレンジし続ける状態】になります。

だからこそ、集中力をコントロールできるようにしておきましょう。

 

まずは、習慣化について

習慣化させるのに、一番有効なのは

ToDoリストを書く

 

当たり前のことなんですが、でも、習慣化できない人ってこの作業をしていない気がします。

 

「やりたいこと」は頭の中に浮かんでいて、でも紙に書いていないから
「どこから手をつけていいかわからない」
って状態になっている人が多いんじゃないかと。

 

習慣化できているなら、ToDoリストはいらないですが、
できていないのなら、紙に書く癖をつけていくといいです。

 

本では、「アイビーリーメソッド」として紹介されていました。

① 明日やるべき6つを書く
② 優先順位をつける
③ 順位の高いものからやっていく
④ 全部できなくても後悔せず、忘れる
⑤ また明日のために6つ書く

この繰り返しです。

 

これならすぐに始められるのではないでしょうか。
(朝考えたい人は朝でもいいと思います)

 

また、スケジュールはパンパンに詰め込むのではなく、余白を作るのも効果的です。
パンパンに詰め込むとできなかった時にしわ寄せがきてストレスです。

 

土日はフリーにしておいて、平日できなかったことをそこで片付けるなど工夫すると良さそう。

 

 

【すぐ決断できる環境】を作っておくことも大事

習慣化するにも、習慣化しやすい環境を整えることも重要です。
むしろ、こっちが優先かもしれません。

[st-cmemo fontawesome=”fa-lightbulb-o” iconcolor=”#FFA726″ bgcolor=”#FFF3E0″ color=”#000000″ iconsize=”100″]迷える状況はかなり脳を使っていて、悩む時間が多い人(優柔不断な人)は重要な判断をする時には既に脳が疲れきっていて判断できない。[/st-cmemo]

という状況を作り出してしまっている可能性が高いです。

 

・何を食べよう

・何を着よう

・今日は何をしよう

こういうことでも悩んじゃうと思うのですが、
これって、脳にはかなりの負担をかけているってことです。

 

有名アスリートや有名な経営者は【ルーティーン】が多いと思います。
イチローの朝ご飯はカレーと決まっていたり、ジョブズは着る服が常に同じだったり。

 

「考えない時間を作ること」ってとても大事なんですね。

 

また、今は【ミニマリスト】が流行っていて必要以上に物を持たなくなっています。
女子のカバン、とても小さくなってきていますね。

 

物が多くなると、捨てるか捨てないか、片付けるか片付けないか、意識をしていないつもりでも無意識では反応し続けてしまい、集中力が低下します。

 

ですから、

必要以上に物を置かない、買わない

そういった環境を整えておくといいでしょう。

 

 

このように作業しやすい環境を作り、少しずつ「習慣化」させていきます。

 

うまくいかない時は

習慣化できると、新しく取り組める容量が増えるのでどんどんチャレンジできていけます。

 

チャレンジがうまくいかない時は、

・やることが明確化されておらず悩む時間が多い

・チャレンジする量がキャパオーバー

の可能性があります。

 

そうすると、集中しようにもできないのでまずは、仕事周りを片付けて、そのあとに取り組みたいことの整理から始めるといいかもしれませんね。

 

DaiGoさんの命式

ちなみに、DaiGoさんの命式です↓

日干支「庚午」

通変星「偏官、偏財、印綬2、食神」

十二運星「絶、病、沐浴」

でした。

 

庚午・・・熱く熱せられた鉄(クールながらアツイ男)

偏官・・・熱い

偏財・・・顔色や空気を読むセンス抜群(メンタリスト)

印綬・・・勉強好き、教え上手

食神・・・話し上手、健康意識高め

絶・・・感性が鋭い

病・・・想像力豊か

沐浴・・・束縛嫌い、海外好き

 

四柱推命も当たる・当たらないの使い方ではなくこれからのチャレンジ人生のためにも得意・不得意、楽しい・楽しくない、など「自分らしさ」を見つけるヒントに使っていただければと思います。


図解 自分を操る超集中力