自己分析

十二運星「養(よう)」について

今回ご紹介するのは、十二運星の「養(よう)」です。
養は人の一生で表すと、赤ちゃん。
愛らしく、お世話をされる赤ちゃんのように年上から好かれる養。
今回は、その「養」について解説していきます。

お手元にご自分の命式がない方はこちらのサイトをご利用ください。

→ 無料で生年月日から命式を調べる

「十二運星」は水色枠の部分です

養の特徴

年上から可愛がられる
甘え上手

養の星を活かすには

年上の人に助けてもらいながらチャンスを広げること
頼る生き方を良しとすること

養は、どうぶつ占いだと養は「コジカ」。
「養」は人の一生で表すと、赤ちゃんです。

赤ちゃんが可愛がられ、大人にお世話をされて育つように、目上の人から引き立てられやすいのが「養」の特徴でもあります。また、「養子」という意味もあります。

この星を持つ人は、ユーモアを武器に周りの人との調和を意識すると良いでしょう。無邪気で素直な性格で引き立てを受けて上を目指すと良いでしょう。

また、打たれ弱い場合は精神的な強さを持つことをオススメします。

【四柱推命の教科書】無料プレゼント いつでも、どこでも 四柱推命の勉強ができる 四柱推命の教科書 プレゼント中! 難解な四柱推命をシンプルに誰にでもわかりや...
関連記事はこちら