自己分析

絶が運勢で巡る時〜流年(大運)運気の流れ〜

運勢を読む時には、

・10年という大きなスパンで見る「大運」

・1年の運勢を見る「流年」(年運とも言います)

が主に使われます。

今日は運勢「絶」について解説します。

大運・流年運「絶」

青丸の部分(十干)をご確認ください。
ここが「丁」「己」の人は2020年が絶の運勢です。

ご自身の十干がわからない場合はこちらのサイトをご利用ください。
→ 無料で生年月日から命式を調べる

絶運のキーワード

非現実的、スピード、変化

絶運の時

絶は「魂になって自由に飛び回っている状態」を表します。

この世とは無縁の状態なので、「一般的なこと」「ルーティーン」などに嫌気がさし、今までやりたくてもできなかったことにどんどん挑戦していく時です。

しかし、魂は軽く自由に飛び回るので始めたことが安定することなくコロコロと変化するかもしれません。

やり始めてから飽きるまでが早くスピーディーに人生が変化していきそうです。

良くも悪くも、状況や思考が不安定な時。楽しむ余裕を持ちたいですね。

運気を味方につけるには

周りと比べない。
精神の安定を図ること。
直感を大切にすること。

以上が「絶運」の流年運、大運です。

自分の流年や大運を知りたい方

水晶玉子さんの「怖いほど運が向いてくる四柱推命」がオススメです。


怖いほど運が向いてくる! 四柱推命

この本の見方について解説しています↓

https://kiwami611.info/page-363/
関連記事はこちら