google-site-verification=feOSqc8Fr6MhD3DD5EA_l-3una68JEwu0b0d21EjgzY
占い師としての働き方

占い師としての働き方:ビジネス専門占い師

占い師の向き不向きはあんまり関係なくて自分に合った方法で活動することをオススメしています。

占い師(鑑定師)としての活動方法5選今回は、四柱推命講座を受けるか悩まれている方からいただく一番多い「占い師としての活動方法について」の質問の回答をシェアします。 向き・...

コーチやコンサルタントにピッタリ「経営者専門占い師」

コーチングを学んでいる。
コンサルをしている。
マーケティングを学んでいる。

そんな方には「経営者専門占い師」をオススメします。

特に、今フリーランスがとても増えています。これからも、もっともっと増えると予想されます。

コーチング、コンサル、マーケティングに詳しい方はぜひ、「経営者専門」「フリーランス専門」そんな占い師はどうでしょうか。

 

経営者の悩み

経営者は、売り上げや事業拡大、従業員、顧客…など、様々な問題を抱えています。
自分で全部決めていくにはヘビーな訳です。

「数字」を分析したり、従業員や顧客からの「声」から判断していくことも可能でしょうけど、見えない部分のフォローができるのが占いのいいところではないでしょうか。

時期や、従業員同士のコミュニケーションや配属についてなど理解できていると動きやすいものです。

何より、時期が明確だと「目標」を明確にしやすいです。それに、従業員同士のことで悩む時間も大幅に削減できます。

経営者向け占い

  • 会社設立日から命式を出し時期や特徴を掴める
  • 経営者や従業員の時期や性格がわかる
  • 適した配属先がわかる
  • 部下の特徴に合わせた指示出しができる
  • 上司のご機嫌取りに使える
  • 毎日の運勢がわかるのでスケジュールしやすい
  • 苦手なことをメンバーにお願いできるようになる
  • 顧客対応に適している人がわかる
  • ストレス度を減らせる
  • 会社のイベントを任せられる人がわかる
  • 相性の良い人同士でグループを作れる
  • 苦手をカバーし合えるグループを作れる
  • 会社の金運が上がる風水

このようなことが占いからわかるので、会社の売り上げ、従業員や顧客の満足度を上げることが可能です。

人同士の問題はほとんどがコミュニケーション不足によるものです。
コミュニケーションを円滑にするツールとして占いは大活躍してくれるでしょう。

フリーランスの悩み

インターネット(SNS)の普及により、たくさんの方が起業しやすい時代になりました。
ブロガー、インスタグラマー、ユーチューバー、ゲーム配信者、、本当に多くの人が自由に働いています。

そんなフリーランスの方も経営者同様、すべて自分で仕事を回しているので悩みが尽きません。好きで始めた仕事をこれからどうやって伸ばしていくといいのか。

フリーランスのための占いはいかがですか?

フリーランス向け占い

  • 得意な分野の発掘
  • 波に乗りやすい時期、空回りしそうな時期がわかる
  • コラボに向いている相性
  • 出向くといい場所
  • 外注する際の相性で気をつけること
  • イベントに良い時期
  • 事業届けを出すタイミング
  • 法人設立のタイミング
  • 金運が上がる行動、風水

など…
占ってあげたことは全て彼らのネタに繋がります。ネタ提供としても良いですね。

フリーランスのデータが集まれば、これからフリーランスとして活動したい方への占いもできるようになるでしょう。

まとめ

経営者、フリーランスの方は特に「相性」や「時期」を気にしています。

もし、良い時期を逃していたら…そんなショックなことはありません。ぜひ、ビジネスに強い方、ビジネスの話が好きな方に、専門占い師として活動していただきたいです。

こんな風に「専門占い師」がたくさんいれば、恋愛はこの人、転職はあの人、結婚はこの人、育児はあの人、…と全ての質問に答えようと頑張る必要もなく、占い師側も専門さんへ紹介することが可能です。
「一人で何でも答えられる」というパーフェクトを目指すより、大好きなことを何でも話せる「専門占い師」の方が何倍も楽しんでできるはずですよ!
それに、発信に困らないというのも嬉しいですね。やっぱり、情報発信のネタに困るのが一番ツライですから。
そして、特化すればするほど「専門家」になっていきます。
そうするとどんなことが起こるかというと、それに関連したイベントなどに呼んでもらえる機会が訪れるということ。「一人で何でも答えられる」というパーフェクトを目指すより、専門家の方が良いと思いませんか?
ということで、今回はビジネス専門占い師のアイデアをご紹介しました。

 

自分の「オリジナル性」を見つけて楽しく活動しましょう!

関連記事はこちら