十二運星 四柱推命

十二運星「絶(ぜつ)」について

更新日:

今回ご紹介するのは、十二運星の「絶(ぜつ)」です。
絶は人の一生で表すと、魂があの世へ還る状態。
12ある星の中で唯一、地上を知らない星です。
今回は、その「絶」について解説していきます。

お手元にご自分の命式がない方はこちらのサイトをご利用ください。

→ 無料で生年月日から命式を調べる

「十二運星」は水色枠の部分です

 

 

絶の特徴

気分が変わる
感性が独特

絶の星を活かすには

普通になろうとしない
感性を活かせる環境い身をおくこと


※以下、動画の書下ろしです☆

 

今日は、十二運星の「絶」についてです。
どうぶつ占いだと絶は「ペガサス」。
「絶」は人の一生で表すと、魂が空へ還る状態です。

自由に空を飛び回れる存在ですので、
絶を持つ人も自由でスピーディーで
行動も気持ちもすぐに切り替わるのが特徴です。

12ある星の中で唯一空にいるのが絶ですから、
他の星の人とは違い、異次元の世界で才能を発揮します。
芸能界やクリエイティブな世界の方が感性がより磨かれ
花開きやすいでしょう。

帝旺と同じカリスマの星ですが、帝旺と違うのは、
生き方そのものがカリスマ的だという点です。

絶を持っている人は、レディガガ、X-JAPANのヨシキ、ジョンレノン、イチロー
などがいらっしゃいます。
生き方そのものがカリスマ的の意味が
イメージしやすいのではないでしょうか。

絶を持つ人がお友達でいる場合、
束縛が嫌いなため、
期限を決められるととてもストレスになります。

期限を守らないのは困りますが、
彼らは臨機応変な対応が得意なので、
ある程度は見守ってあげてください。

絶のご紹介は以上です。

 

 

 

fotune teller

 

 

-十二運星, 四柱推命

Copyright© 四柱推命鑑定師養成講座・横浜教室・全国インターネット受講 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.