四柱推命

四柱推命 鑑定書・命式の見方

更新日:

鑑定書を見ても漢字だらけで難しそうな四柱推命。今回は、四柱推命の鑑定書(命式)の見方、読み方について解説していきたいと思います。
お手元にご自分の命式がない方はこちらのサイトをご利用ください。
→ 無料で生年月日から命式を調べる

※現在、上記サイトが利用できないようです。
こちらのサイトをご利用ください
→ セルフ鑑定

自分の土台となる日柱の十干

まずは、赤枠で囲った部分。
ここは、日柱(にっちゅう)の「干支(かんし)」。
現在は「干支」と書いて「えと」と読みますが、昔は十個の天干(十干)と、十二個の地支(十二支)を組み合わせたものだったので「かんし」でした。

 

十干(じっかん)

十干は以下の10個です。

天干 読み方 陰陽五行 森羅万象
きのえ +木 樹木
きのと -木
ひのえ +火 太陽
ひのと -火
つちのえ +土
つちのと -土
かのえ +金
かのと -金 宝石
みずのえ +水
みずのと -水

この「きの」「きの」が現在の干支(えと)の語源になったと言われています。
十干は自分の土台となる部分です。
十干が「丙」の太陽であれば、太陽らしい生き方をすることがその人らしい生き方となります。

【関連記事】

四柱推命 十干(じっかん)について

今回は日柱の干支の「十干」について解説していきます。 この干支の組み合わせで、その人の性格や運勢を読んでいきます。 お手元にご自分の命式がない方はこちらのサイトをご利用ください。 → 無料で生年月日か ...

十二支(じゅうにし)

十二支は馴染み深いですね。

地支 読み方 陰陽五行 季節
+水
うし -土
とら +木
-木
たつ +土
-火
うま +火
ひつじ -土
さる +金
とり -金
いぬ +土
-水

十二支は季節を表し、その季節からその人の人生のテーマがわかります。

【関連記事】

四柱推命 十二支について

今回は日柱の干支の「十二支」について解説していきます。 「日柱」の「十二支」では、主に人生のテーマを読んでいきます。 お手元にご自分の命式がない方はこちらのサイトをご利用ください。 → 無料で生年月日 ...

十干と十二支を組み合わせたもの

この、十干と十二支をひとつずつ組み合わせたものが「干支(かんし)」というわけです。

甲子
乙丑
丙寅
丁卯
::

組み合わせは全部で60個。
61歳の時に干支が一巡し、生まれた時の干支に戻るため ”暦が還る” ことから「還暦(かんれき)」とされています。

 

持って生まれた才能を見る通変星

次は、持って生まれた才能を見る通変星(つうへんせい)の解説です。


赤枠の部分、通変星(つうへんせい)、蔵干通変星(ぞうかんつうへんせい)です。
この2つを総称して「通変星」と呼びますが、通変星は全部で10個です。

通変星 読み方 グループ
比肩 ひけん 自立心の星
劫財 ごうざい 自立心の星
食神 しょくじん 遊び心の星
傷官 しょうかん 遊び心の星
偏財 へんざい 人脈の星
正財 せいざい 人脈の星
偏官 へんかん 行動力の星
正官 せいかん 行動力の星
偏印 へんいん 知性の星
印綬 いんじゅ 知性の星

どの通変星を持っているか、で主に持って生まれた才能がわかります。

【関連記事】

四柱推命 通変星(つうへんせい)について

通変星では「性格」「才能」「恋愛傾向」「結婚観」「向いている仕事の内容」「向いている仕事のスタイル」「第一印象」など幅広くみることができます。 この通変星は、組み合わせや星の数などにより意味が変わった ...

あなたの生き方を見る十二運星(じゅうにうんせい)

次は、生き方がわかる十二運星(じゅうにうんせい)の解説です。


この部分は、人の一生を表した漢字が使われています。
生まれる前のお腹の赤ちゃんから、死んで魂になってあの世へ還るまでの状態を表します。

 十二運星  読み方  状態
胎  たい  お腹の中の赤ちゃん 
養  よう 赤ちゃん 
長生  ちょうせい  子ども 
沐浴  もくよく  思春期 
冠帯  かんたい  成人 
建禄  けんろく  40代 
帝旺  ていおう  60代 
衰  すい  年寄り 
病  びょう  病人 
死  し  死人 
墓  ぼ  墓に入った後 
ぜつ  魂があの世へ還る 

十二運星により、主に生き方や注意すべきことがわかります。
通変星との組み合わせによって、より詳しくわかります。

【関連記事】

四柱推命 十二運星(じゅうにうんせい)について

十二運星では、「性格」「働き方」「才能」「エネルギー」「生き方」などがわかります。通変星の補助、または抑制をしている場合もあるので、総合的に命式を判断するのにも重要な星です。 十二運星は特に「月柱」を ...

エネルギーの位置がわかる運勢エネルギー

次は、エネルギー位置がわかる「運勢エネルギー」の解説です。

運勢エネルギーは十二運星の持つエネルギー数値を3つ足したものです。3つの総合計(図の場合、一番左)を見てエネルギー位置を見ていきます。

十二運星 エネルギー数値
長生
沐浴
冠帯 10
建禄 11
帝旺 12

総合計は3から36。
数値によってエネルギー位置がわかります。

 

持って生まれた宿命、運勢バイオリズムがわかる天中殺

最後に天中殺の解説です。

天中殺グループは全部で6つ。

天中殺グループ
戌亥天中殺
申酉天中殺
午未天中殺
辰巳天中殺
寅卯天中殺
子丑天中殺

天中殺グループによって、持って生まれた宿命や運勢バイオリズムがわかります。

 

まとめ

生年月日を使って算出した命式から「自分らしい生き方」「星の活かし方」を読み解くことができるため、四柱推命は悩み解決に役立つ占術と言えるでしょう。
「〇〇の星があるから、〇〇のように生きなければいけない」といったことはなく、あなたの目標や夢、理想のライフスタイルに合わせて持っている星を活用していくことをオススメします。

夢や目標が叶っている人と叶っていない人との違いは、自分のやりたいことをちゃんとやったかどうかだけだったりします。

「信じる依存型の占い」から、「活用する自立型の占い」にシフトすることによって生きやすくなる人が増えることを願っています。

 

(北海道、山形、宮城、福島、茨城、埼玉、千葉、東京、岐阜、滋賀、大阪、京都、兵庫、愛知、岡山、福岡、大分の生徒さんが活躍中です)

 

fotune teller

 

 

 

-四柱推命

Copyright© 四柱推命鑑定師養成講座・横浜教室・全国インターネット受講 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.