四柱推命

四柱推命 十二支について

今回は日柱の干支の「十二支」について解説していきます。
十二支は「月柱」を見て命式のバランスを見る流派がほとんどですが、鳥海流では「日柱」の「十二支」から人生のテーマを読んでいきます。

お手元にご自分の命式がない方はこちらのサイトをご利用ください。
→ 無料で生年月日から命式を調べる

サイトで自分の命式を出したら、

このピンクの枠の部分です。
この部分は、日柱(にっちゅう)の干支(かんし)。
上記画像は「戊午」とありますが、二文字目を見ていきます。この場合「午」です。

四柱推命 十干(じっかん)について今回は日柱の干支の「十干」について解説していきます。 この干支の組み合わせで、その人の性格や運勢を読んでいきます。 お手元にご自...

十二支について

子(ね)

【陰陽五行】+水
【季節】冬
【人生のテーマ】勉強(学び)

 

 

丑(うし)

【陰陽五行】-土
【季節】冬
【人生のテーマ】勉強(学び)

 

 

寅(とら)

【陰陽五行】+木
【季節】春
【人生のテーマ】恋愛(ワクワクドキドキ)

 

 

卯(う)

【陰陽五行】-木
【季節】春
【人生のテーマ】恋愛(ワクワクドキドキ)

 

 

辰(たつ)

【陰陽五行】+土
【季節】春
【人生のテーマ】ワクワクドキドキ

 

 

巳(み)

【陰陽五行】-火
【季節】夏
【人生のテーマ】運動・営業(エネルギーの発散)

 

 

午(うま)

【陰陽五行】+火
【季節】夏
【人生のテーマ】運動・営業(エネルギーの発散)

 

 

未(ひつじ)

【陰陽五行】-土
【季節】夏
【人生のテーマ】運動・営業(エネルギーの発散)

 

 

申(さる)

【陰陽五行】+金
【季節】秋
【人生のテーマ】お金(成就させる)

 

 

酉(とり)

【陰陽五行】-金
【季節】秋
【人生のテーマ】お金(成就させる)

 

 

戌(いぬ)

【陰陽五行】+土
【季節】秋
【人生のテーマ】お金(成就させる)

 

 

亥(い)

【陰陽五行】-水
【季節】冬
【人生のテーマ】勉強(学び)

 

 

十二支は季節を表す

このように、十二支は季節を表します。そのため、他の流派では「月柱」の十二支と「日柱」の十干からバランスを見ます。

例えば、日柱が「戊」で月柱の十二支が「午」であれば「夏の山」となります。
夏の山は日照りが多く土が乾燥し植物の育成の力を失うことから「水」があれば良い命式と考えるわけです。

逆に月柱の十二支が「子」で「冬の山」となった場合は、水が多く土が流れるのを防ぐために「土」や「火」の応援が必要と考えます。

バランスとなってくると「良いバランス」「良くないバランス」という考え方が生まれてきますね。「私の命式は良いバランスですか?」と質問がきそうです。

では「良い・悪い」とは何でしょうか?

良い、悪いとは?

バランスは「考え方」ですが、実際にその人生を「良い」と思うか、「悪い」と思うかは完全にその人の価値観(在り方とも言います)次第ですよね?よって、良いバランス、悪いバランスはあまり気にしなくて良いというのが私の判断です。

悪いバランスだと本当にその人は「私はあまり良くないことばかり起こる」と思うかというとそういうわけでもなかったりします。良いバランスだと言われた人が「そう言われたけど私はずっと不運続きなんです」と言っていたりします。

その人が作った「価値観(在り方)」による違いです。

また、言葉は自分を暗示にかけます。
「素晴らしい命式」と言われれば「素晴らしいこと」を探す暗示をかけ続け、「苦労する命式」と言われれば「苦労すること」を探す暗示をかけ続けてしまいます。

ですから、四柱推命は自分の人生をより良いものにするための「ツール」として活用していただければと思います。

関連記事はこちら