五行 四柱推命

陰陽五行説 健康運について

更新日:

四柱推命では生年月日から健康運を見ることができます。
今回はその「健康運」について解説します。

五行の数

 

まずは、生年月日から命式を作成します。

お手元にご自分の命式がない方はこちらのサイトをご利用ください。
→ 無料で生年月日から命式を調べる

サイトで自分の命式を出したら、

 

 

 

 

 

 

 

赤枠の中の五行の数を確認します。
画像の場合、木=1、土=4、火=1、となります。

四柱推命は生まれたその日のエネルギーを五行にあてはめたものですから、「この五行を持って生まれた」と解釈します。

持っているエネルギー数値により、

1~2・・・正常
3以上・・・持ちすぎ
0  ・・・持っていない

と解釈し、3以上の五行と0の持っていない五行の臓器を注意し、食事でバランスを整える必要があります。

 

今回の場合、

木・・・1(正常)
火・・・1(正常)
土・・・4(注意:持ちすぎ)
金・・・0(注意:持っていない)
水・・・0(注意:持っていない)

となり、
「土の栄養素を抑え、金・水の栄養素を補うことでバランスを整えましょう。」
といったアドバイスができます。

五行と臓器、栄養素

人間の臓器や味も五行に分類されます。

木・・・肝臓・筋肉・神経(酸味)
火・・・心臓・血液・血圧(苦味)
土・・・消化器(甘味)
金・・・肺・呼吸器・喘息(辛味)
水・・・腎臓(鹹味)

先ほどの例の場合、

土の甘味を控え、金の辛味と水の鹹味を摂取してバランスを整えていくと良いでしょう。
バナナダイエットは甘味量が増えてしまうので、オススメできませんね。

つまり、土のエネルギーが不足している人が「炭水化物抜きダイエット」をすると、よりバランスを欠いてしまう訳です。ダイエット方法もエネルギー量により異なるのですね。

 

 

まとめ

このように、五行により健康運を見ることもできるので日ごろの栄養バランスを整えるのに活用することができます。(不調の時は、専門医に診てもらいましょう)

より詳しく学びたい方はこちらの本がオススメです。
栄養素ごとの食材も記載されていてわかりやすいですよ。

「眞医」陰陽五行四柱推命学―「漢方」と「四柱推命学」で病気を予防する!!

 

 

 

(北海道、山形、宮城、福島、茨城、埼玉、千葉、東京、岐阜、滋賀、大阪、京都、兵庫、愛知、岡山、福岡、大分の生徒さんが活躍中です)

 

fotune teller

 

 

 

-五行, 四柱推命

Copyright© 四柱推命鑑定師養成講座・横浜教室・全国インターネット受講 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.