自己分析

劫財が運勢で巡る時〜流年(大運)・劫財〜

運勢を読む時は、

・10年という大きなスパンで見る「大運」
・1年の運勢を見る「流年」(年運とも言います)

が主に使われます。

今日は「劫財」を解説します。

大運・流年運「劫財」

2020年、劫財の年になるのは日柱の十干が「辛」の人です。

画像の青丸の部分をご確認ください。
ご自身の十干がわからない場合はこちらのサイトをご利用ください。
→ 無料で生年月日から命式を調べる

大運は生年月日で算出するので、自分が今、どの大運にあるかを知りたい方は鑑定師さんに鑑定してもらってください。

劫財が良い運勢になる場合

「仲間・助け・発展」などの意味になります。

悪い運勢になる場合

「損失・破壊・過労」などの意味になります。

劫財運の運勢

比肩と同様、独立といった意味を持ちますが劫財運の時は一人でというより誰か「仲間と」といった意味合いが強くなります。

友人や仲間の輪が広がるのでお付き合いに忙しくなるような時です。

注意したいこと

そこで注意したいのが「お金」。

「お金」に関しては、いつもよりルーズになりがちです。
人間関係が広がる分、出ていくお金も多くなりそう。

劫財運が悪い意味で出るとお金絡みで何か問題を起こすことも。

それが原因で家庭内不和を起こさないようお気をつけください。

人間関係に亀裂が入らないよう慎重なお付き合い、慎重なお金使いをしていきたいですね。

人間関係は広がりますが、比肩同様、他人の意見に耳を傾けにくい時でもあります。
特に、自分より立場が上の人の言うことは素直に聞きにくい時かもしれません。
その分、友人や仲間からの助けは得られやすいようです。

劫財運の時の健康

新しい世界が広がり、新しい環境で働くご縁も多くなります。
そのため、頑張りすぎて過労になることもありそう。
こまめにケアをしてくださいね。

以上が「劫財」の流年運、大運です。

 

【四柱推命の教科書】無料プレゼント いつでも、どこでも 四柱推命の勉強ができる 四柱推命の教科書 プレゼント中! 難解な四柱推命をシンプルに誰にでもわかりや...
関連記事はこちら