google-site-verification=feOSqc8Fr6MhD3DD5EA_l-3una68JEwu0b0d21EjgzY
四柱推命

家業を継ぐべきか出ていくべきかを四柱推命で見る

「親から継いで欲しいと言われています。今すぐ結婚したいとも思えないし、そのような相手もいないし、やってみたいこともあるのですがどちらを選ぶべきですか」

といったご相談の場合にどこをみて判断するかを解説します。

実家を離れた方が開運する命式

四柱推命には実家を離れた方が開運する命式があります。

・生年中殺

・戌亥天中殺

・辰巳天中殺

・子丑天中殺

以上のどれかに当てはまる場合は実家から離れた方がいいと言われています。

家業を継ぐ役割のある命式

また、逆に家業を継ぐ役割のある命式もあります。

・申酉天中殺

・長生

・建禄

以上のどれかに当てはまる場合は家業を継ぐ役割があると言われています。

両方を持っている場合

「生年中殺で申酉天中殺」の方や「子丑天中殺で建禄を持っている」など、両方の意味がある命式の場合。

生年中殺>天中殺>十二運星

この順番で考えます。なので、結局出た方がいいってことですね。

どちらを選ぶべきか

これはなかなか難しい問題です。

「四柱推命的にそういう命式」

「星の意味通りにすると開運する」

ではあるけれど、それと実際の「幸不幸」は違うからです。

自分と相性100%の人はこの世の中に数えきれないほどいます。その人たちをもれなく全員好きになれるか考えてみてください。

…どんな人でも好きになれそうですか?

このように、命式(生年月日)が感情を司っているわけではないので命式通りに選択して「幸せ」と感じるかはわかりません。

うまくいかなかった時に「やっぱり自分の気持ちに正直になるべきだった」と思うかもしれないし、「あの時、命式通りに選ばなかったからだ」と思うかもしれません。

なので、私はどちらを選ぶべきかは自分で選べばいいと思っています。その意味を知って自分はどうするか、ですね。

とは言え、

占い通りにしたい時はそうするし

占い通りにしなかったことを後悔する時は後悔する

そういうものなので、決めて欲しい人は決めてくれる占い師を無意識に選んでいて選択肢の一つとして考えている人は私のようなどっちの答えも持たない人を無意識に選んでいるんですけどね。

今、欲しい情報は「四柱推命」だっただけで、タイミングによっては「尊敬できる先輩からの助言」だったかもしれません。

これを読んでいるということは何かしら自分にとって必要な情報があるからなのだと思います。

少しでも参考になれば幸いです。

関連記事はこちら