占いについて

この悩みは何占いがいい?占いの種類とわかること

投稿日:

占いといっても、四柱推命に算命学、手相、タロットカード、、と多種多様。

占って欲しいけど、何占いが適しているの?

なんて、悩むことがあるでしょう。

そんな時のために、今回は占いの種類やそれぞれの占いでどんなことがわかるのか、について紹介します。

占いの種類について

占いの種類は大きく3つに分けることができます。

その3つが、命・卜・相。

・命占(めいせん)
・卜占(ぼくせん)
・相占(そうせん)

と読みます。

それぞれの占いの特徴、占い内容は下記の通りです。

 

命占(めいせん)

「命占(めいせん)」は、生年月日(時間)から占います。
一生変わることのない生年月日を使って占うので、命占同士、似たような回答結果になることが多いです。

主な占いの種類

  • 算命学
  • 四柱推命
  • 九星気学
  • 西洋占星術
  • 数秘術
  • 六星占術
  • 動物占い
  • マヤ暦
    など

占い内容例

宿命や才能、性格、行動パターン、人生の流れ、恋愛傾向、適職など、自分についてや、未来の人生の流れについて知りたい時に活用するといいでしょう。
占術によっては、とても詳しくわかるため驚く方も多いです。

結婚相手に出会えそうな時期、結婚相手として選ぶと良い相性などはわかりますが、その相手の容姿や既に出会っている人かどうかなどはわかりません。
(霊視と占いは違います)

 

卜占(ぼくせん)

タロットカードやサイコロなど、道具を使った占いが「卜占(ぼくせん)」。

何かを決断する時に使う占術で、日本の「古事記」にも 太占(ふとまに) といって鹿の骨を焼き、割れ目の形によって神様たちが吉凶を占っていたという記述があります。

主な占いの種類

  • タロットカード
  • サイコロ占い
  • コイン占い
  • トランプ占い
  • あみだくじ
  • おみくじ
  • 花びら占い
    など

占い内容例

  • 彼(彼女)の気持ちが知りたい!
  • AとB、どっちを選んだ方がいい?

など、感情を知りたい時や選択に迷った時に利用するといいでしょう。
占う時は具体的だとより良いですよ!

 

相占(そうせん)

見えている姿や形から占うのが「相占(そうせん)」。
対象になる人の現在や、未来を占います。

主な占いの種類

  • 手相
  • 姓名判断
  • 人相占い
  • 印相(印鑑占い)
  • 夢占い
  • 風水
  • ホクロ占い
    など

占い内容例

「今現在」を占うのに適している占術。

現在の心の状態、身体の状態、今後どんなアクションを起こせばいいのか、運気アップの方法、近未来の予測などの占いに利用するといいでしょう。

 

まとめ

このように、占いといっても色々な種類があり、「得意」「不得意」もあることがわかりましたね。ご自身の悩みに応じて使い分けることをオススメします。

よく、勘違いされてしまうのですが
占い師=未来が見える
というのは、合っているようで違います。

未来を予測することはできますが、未来が全て決まっていてわかることはありません。

宿命は決まっていることですが、運命は自分でいかようにも変えることができますので、占いを信じるのではなく占いを活用してより良い未来にしていってくださいね!

 

-占いについて

Copyright© 四柱推命占い*横浜*全国オンライン , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.