自己分析

死が運勢で巡る時〜流年(大運)運気の流れ〜

運勢を読む時には、

・10年という大きなスパンで見る「大運」

・1年の運勢を見る「流年」(年運とも言います)

が主に使われます。

今日は運勢「死」について解説します。

大運・流年運「死」

青丸の部分(十干)をご確認ください。
ここが「庚」の人は2020年が死の運勢です。

ご自身の十干がわからない場合はこちらのサイトをご利用ください。
→ 無料で生年月日から命式を調べる

死運のキーワード

静かな時間、慎重、哲学、内省

死運の時

死は「物事の終わり」を意味するように静かで穏やかで動きのない時を表します。

新しいことを始めようとするより足元を固めようと慎重になり、周りの人のことよりも自己の内省に時間を使うようになるかもしれません。

哲学や宗教などにも興味を持ち、持ち物も感情も減らし、シンプルに生きる時です。

勉強や資格を取るには良い時期です。

運気を味方につけるには

トラブルが起きた時も冷静でいること。
焦らず、自分と向き合う時間を持つこと。
学びに興味を持つこと。

以上が「死運」の流年運、大運です。

【四柱推命の教科書】無料プレゼント いつでも、どこでも 四柱推命の勉強ができる 四柱推命の教科書 プレゼント中! 難解な四柱推命をシンプルに誰にでもわかりや...

自分の流年や大運を知りたい方

水晶玉子さんの「怖いほど運が向いてくる四柱推命」がオススメです。


怖いほど運が向いてくる! 四柱推命

この本の見方について解説しています↓

関連記事はこちら