占い師としての働き方講座

占い師としての働き方講座:ブログを仕事にする方法を解説します

今年で個人事業主になってから7年が経ちました。
2012年に沖縄に家族で移住して、どこにも就職することなく8ヶ月後にはなんとかブログを使って収入が得られるようになりました。

私が売れるようになるために試行錯誤してきた経験や学んできたことを元に
ブログを仕事にする方法について解説します。

参考になれば。

 

人が集まるブログとは何かを考える

ブログを仕事にするのであれば、ブログに人を集めないといけません。
ブログを書けば人が自動的に集まってくる訳ではないんです。
誰も知らない路地裏で流行りのお店をしても誰も来ないのと同じです。

そこで考える訳です。
アクセスがいっぱいある状態ってどんな状態か?と。

 

人は何故、ブログを読むんですかね?
何か目的があるから読むんだと思うんですね。
多分、今読んでくれているあなたも何か目的があって読んでくれていると思います。

 

その目的って主に2種類だと思っています。

・時間つぶし

・調べもの

だいたいこのどちらかでブログを読んでいると思います。

 

時間つぶしの場合は、ただSNSを開いて気になったものを読むとか、気に入っている人のブログを読むとかだと思います。
「面白そうだったから」そこに辿りついた。

一方の「調べもの」がある場合は、検索して辿り着くことが多いと思います。

 

つまり、ブログをお仕事にするには、

・面白いブログ

・役に立つ(悩みを解決してくれる)ブログ

このどちらかを目指せば人が集まってくる状態を作れるということです。

それを踏まえて、自分はどちらを目指すのか?を次に考えてみます。

 

何を伝えたいのか?

そもそも、ブログで何を伝えたいのか?ここが自分の中で明確になっていないとさっきの方向性も決まりません。
例えば、「占い」をテーマにブログを書く場合、

占いの楽しさを伝えたいのか?
それとも、占いで何か悩みが解決することを伝えたいのか?

これが自分の「やりたいこと」と一致していないとブログが書けなくなります。
何を伝えたくてブログを始めるのか、しっかり考えましょう。

 

ここでは、何を売るかは考えません。
それを考えるから、伝えたいこととズレていくんです。

 

楽しさを伝えたいのなら「面白いブログ向き」

悩みが解決することを伝えたいのなら「役に立つブログ向き」

と考えることができます。
「面白いブログ」を目指すなら、とにかく自分が楽しい!面白い!と思ったことを記事に書いていきます。

人気ユーチューバーとかは「自分の面白い」を発信してますよね。
「面白い」を突き詰めること、それが仕事になりますね。

アクセスが集まれば、広告収入でも稼げるようになります。
アフィリエイトだってあります。
ブログを仕事にするには、とにかく「自分の伝えたいこと」を書いていくことです。

 

 

誰に発信するのかを考える

悩みが解決するブログを目指すのであれば、「誰に発信するか」を考えていきます。

このブログには、現在「四柱推命」に関する記事を多く書いていますが、その前は物販に関する記事だけしかありませんでした。
四柱推命を教えるにあたって、今までの記事を全て削除してリニューアルしたんです。
(それをする必要はなかったな、と思っているので今後また書いていこうと考えています)

物販をテーマにするにしろ、四柱推命をテーマにするにしろ、「誰に向けて記事を書くのか」で内容は大きく変わってきます。

 

私は、どちらも「初心者」に向けて記事を書いてきました。
知識量がすごい人は上を見ればいっぱいいます。
物販で私以上に稼いでいる人はいっぱいいます。

そういう人と同じ土俵に立つと苦しくなるのは明らかです。
だから、誰に向けて記事を書くか考えるときには自分が無理なく伝えられる情報を欲している人向けに書くことをオススメします。

 

ちなみに私は、「この情報を知らなかった過去の私」に向けてその頃の私が欲しがっていた情報を書いています。
私は「今日の運勢」とかには興味がなかったので、このブログにも「今日の運勢」や「今月の運勢」が書いてありません。
それよりも、星について詳しく知りたかった。

なので、現在の私は「四柱推命について勉強したい人向け」「占いを仕事にしたい人向け」に記事を書いています。
その人たちが知りたいこと、解決したいことを記事にしていっています。

無理なく伝えられるので、記事を書くことを頑張る必要がありません。
そういうのをブログに書くと良いです。

 

その人は何を欲しているのか考える

「誰に向けて発信するか」が決まったら、その人がどんな情報を欲しているのかを考えます。

ほとんどの場合、「過去の私」だったりするので過去の私が欲していた情報、検索していた情報、検索したけど見つからなかった情報、あると便利な情報などをとにかく考えられるだけ書きます。

 

そして、それを書きたいところから書いていきます。
順番はそんなに考えなくて大丈夫です。
最初は誰も読んでいないし、読んでいる人も毎日読んでくれるわけではないので。

 

また、質問や相談を受けた時にはチャンスです。
それを記事にしてあげたら、同じように質問・相談したい人が現れたらその記事を紹介してあげられます。

誰かが疑問を持っている、ということは同じように疑問を持っている人がいるということです。
質問、相談はブログのネタになります。

 

イメージできるように噛み砕いて書いていく

最後に記事を書くときに意識するべきことです。

なるべく、イメージしやすいように噛み砕いて記事を書いていきます。
私はそこを一番重要視しているので、「わかりやすい」と感想をもらうのがとても嬉しいです。

文章を読んでいる時にイメージができなければ、読者はもう読んでくれません。

 

悩みを解決するブログなのに、イメージができなければ書いている意味がありません。

 

だから、「読まない壁」について知っておきましょう。

・タイトルに興味を持たなければ読まない

・最初の記事がつまらなければ読まない

・イメージできなければ読まない

まず、人が読むことを決めるのって「タイトル」なんですよね。
ファンであればどんなタイトルであろうが読むと思うのですが、そうじゃなければ「タイトル」を見て決めたりします。

検索して訪れたのであれば、まずは開いてみる。
その後に判断するのは、最初に書かれている記事です。
どうでもいいことが書いてあればすぐに離脱されます。

「読んでみようかな」と思ってもらえると読み進めていってもらえる訳ですが、イメージができなければ苦痛なのでやっぱり離脱されます。

 

それを防ぐためにオススメなのは、自分の書いている内容を知らない人に読んでもらうことです。
それで感想を言ってもらってください。

少しずつ改善させていけば、離脱率は下げられると思います。

 

まとめ

今回の「ブログを仕事にする方法」のまとめです。

ブログを仕事にするには

  • 人が集まるブログを運営する
  • 面白いブログか役に立つブログかを考える
  • 面白いブログは「面白い」を追求する
  • 役に立つブログは「必要な情報」を記事にする
  • イメージできるように書く
  • 読まない壁を意識する

ブログを書く目的は「ブログを仕事にする」ですよね?
「ブログを書きたい」のなら好きなように書けばいいですが、「ブログを仕事にしたい」のであれば試行錯誤しましょう。

占い師として活動したい人専用マニュアル無料プレゼント中四柱推命、算命学、西洋占星術、 タロットカード、手相、気学など 占いを使って活動したい方のために… 活動についてまとめた冊子を...
関連記事はこちら