四柱推命

苗字が変わると運勢は変わるのか

こんにちは、はるみです。
現在、メルマガでアンケートをお願いしています。
そこでいただいた質問に回答して行きたいと思います。

メルマガに登録すると「四柱推命の教科書」をプレゼントしています

【四柱推命の教科書】無料プレゼント いつでも、どこでも 四柱推命の勉強ができる 四柱推命の教科書 プレゼント中! 難解な四柱推命をシンプルに誰にでもわかりや...

いただいたご質問

親の結婚、離婚で苗字が変わると運勢も変わるのか

私は生年月日で占う四柱推命を扱っているので姓名判断のことは詳しくはないんですけど、

苗字が変わると運勢も変わります

例えば、芸能人が芸名を変えたり、生年月日を偽ったりしますが、そういうのでも”変わります”

なぜ変わるのか

名前の数字や生年月日の数字が運勢をグニャリと変えるわけではなく、

「意識」がそれを変化させます。

また、ご質問にあった「親の結婚、離婚で苗字が変わる」と、大きな「環境の変化」もありますね。

そういったものが「運勢」を変化させます。

ただ、四柱推命の生年月日で算出される運勢は名前で出している訳ではないので、運勢の流れは変わりません。

その内容(具体的な現象)が変わるのです。

星には色んな意味がある

運勢も、たった一つのことが具体的な現象として現れるのではありません。
今年の運勢にしても、今日の運勢にしても、たくさんの意味を内包しています。

そのうちのどれが実際に現れるかは、本人の選択次第です。

名前が変わるということは「選択するものが変化する」ということでもあるのでそれが結果的に、運勢を変化させます。

(今まで普通だったことが普通じゃ無くなることっていっぱいありますね)

また、名前を変えることで「意識」を変化させることができます。

人はどうしても、脳の構造上言われたことの意味や原因を探してしまいます。

「今月は人間関係のトラブルに注意」

と言われると、”トラブル” に意識が向きやすくなり普段だったらそこまで意識しないトラブルを「あ!このことかも!」と思ったりしてしまうんですね。

で、面白いことに「仕事運がいい」とか「ラッキーなことがある」といった良さそうな運勢を言われた場合は「期待」が入るので、「全然だったんだけどー」みたいなことを思ったりします。

そんな風に人は言われたことの「意味」や「原因」を探すことを無意識にしてしまうものです。

名前に関しても運勢にしても吉とか凶とか言われるとその情報が脳の中に残ります。
忘れていたとしても、脳にはその情報は入ったままです。

そうすると、何も聞いていなかった状態から聞いたことによって「意識」が変化していて無意識のうちに言われたようなことを自ら起こすこともあります。

豊臣秀吉は刀で手相を変えた

例えば、豊臣秀吉って「刀で傷をつけて手相を変えた」というエピソードがありますけどそれも「マスカケ線だから出世した」のではなく「マスカケ線で成功する、という意識」がそうさせたのです。

だから、吉線や凶線があっても意識や在り方が違えば”そうはならない人がいる” のです。

それが現在わかっている脳の構造です。

解釈は多種多様

私は心理学や脳科学の解釈を取り入れたいのでこのような判断をしますが、「四柱推命」や「姓名判断」”だけ”で解釈した時は

”数字が大きな作用を起こした”
(=生年月日や名前を変えることで変化した)

といった見方になります。

どっちが正解なのかの議論は不毛で、どっちが好きか嫌いか、だけですね。

(そもそも超偉い先生方が紀元前から正解を求めているのに未だ正解は出ていないですから…正解は求めない方が悩まずに済み、平和ですよ)

ということで解説が長くなりましたが、

生年月日上で算出する運勢の違いはないけれど名前が変わることで人生は大なり小なり変わる

でした。

関連記事はこちら