自己分析

「壬」の人の2021年5月〜7月の運勢

四柱推命は1日が月の始まりではありません。
5月は5日〜6月4日、6月は5日〜7月6日、7月は7日〜8月6日です。

この記事では日干が「壬」の人の2021年5月6月7月の運勢をご紹介します。

日干は青丸の部分です。ここが「壬」の方の2021年5月6月7月の運勢をご紹介します。
お手元にご自分の命式がない方はこちらのサイトをご利用ください。
→ 無料で生年月日から命式を調べる

5月の「壬」の運勢

「欲張り」になりそう。

物に対しても、誰かに対しても「全部私のもの!」と意地を張ってしまいそうな予感です。手っ取り早く自分のものにしようと結果を焦ってしまうと空回りの原因になります。

このような時に得たかったものは後々で「なんで?」と思うようなものだったりします。

「本当に必要?」「今じゃなきゃダメ?」とちょっと冷静になってみると周りを巻き込まずに済みそうです。

お金のトラブルには気をつけて。

6月の「壬」の運勢

「のんびり楽しめそう」です。

気分も明るくなり、余裕も出てきていろんなことを楽しめそう。

仕事を頑張ろう!という気になるには、どれだけプライベートを充実させるかが鍵。

気持ちの余裕がある分、あっちもこっちも気になります。

何か決めないといけない壬さんはなかなか決められなくてギリギリまで悩むことになりそう。そんな時は一人で抱え込まず誰かに相談してみてくださいね。話をするだけでもスッキリできますよ!

7月の「壬」の運勢

「感情の揺らぎ」がテーマです。

私の中にこんなにたくさんの感情があるんだ!というくらい感情が揺れ動きそうです。

細かいことを気にしてイライラすることが増えたり、人の愛情に触れて温かな気持ちになったり、急に誰かに甘えたくなったり、まるで子どものようにコロコロと感情が変わる時。

こういう時はナイーブにもなりやすいので漫画や読書、ドラマや映画、音楽、絵画など自分の「好き」を満たしてくれるものでストレスを軽減するのがオススメです。

ロマンチックになれる時でもあるので「好き」で心が満たされたら日頃の感謝をパートナーへ伝えるのもいいですね。

 

5月5日から8月6日までの壬さんの運勢は以上です。

占いは「暗記力」より「想像力」

四柱推命鑑定師と講師になってから気が付けばもうすぐ4年経とうとしています。

この4年間で北海道から沖縄、そして韓国・アメリカと100名以上のお弟子さんができまた、今年になってから私と同じように講師として活動するお弟子さんが増えてきました。

正解を求めるのではなくそれぞれが楽しんでくれたらいいな〜と思いながら講座を作成しています。

星の意味から何を感じ何を伝えるかは鑑定師次第です。

1+1=2にならないのが占い。

イギリスの占い学校では、「休みの日はとにかく美術館へ行きなさい」と指導しているところもあるようです。

占いをするには「想像力」や「感受性」が必要ということですね。

受講前のご相談ではよく「暗記力」について聞かれますが学校の試験のような「暗記」には頼りません。(それに暗記力は20代以降は衰えます、無理です)

星の意味から”どうなるか”という正解を出すのではなくどうしたら望む世界を手に入れられるかの”ストーリー作り”が鑑定かなと思っています。

ですから、やはり「想像力」や「空想」「妄想」の方が大事なのかもしれませんね。

2021年5月6月7月の運勢まとめ日柱の十干別2021年5月〜7月の運勢についてまとめました。 https://kiwami611.info/kinoe-20215...
関連記事はこちら