四柱推命

生年中殺や生月中殺はどうやって解釈をすればいいか?

こんにちは、はるみです。

オンラインzoomを使って四柱推命無料質問相談会をメルマガ読者さん向けにやった時にいただいたご質問について回答を記事にしていきたいと思います。

今回は、四柱推命鑑定をされている方からの

生年中殺や生月中殺はどうやって解釈していますか

この質問についてです。

生年中殺と生月中殺について

まず、生年中殺と生月中殺についての解説からしていきます。

ピンク枠の天中殺がピンク丸の部分にある人のことを言います。
年柱にあれば「生年中殺」、月柱にあれば「生月中殺」です。

上記図の人の場合、「子丑天中殺」で「子」が月柱にあるので「生月中殺」を持っていることになります。

生年中殺の一般的な意味

生年中殺は上司・両親運を表しています。
ある本には「上司運が悪い」「両親運が悪い(離婚をしていたり、早くに亡くなっている)」なんて書いてあります。

生月中殺の一般的な意味

生月中殺は結婚・仕事運を表しています。
ある本には「結婚がうまくいかない」「仕事がうまくいかない」なんて書いてあります。

さて、本当にそうでしょうか?

生年中殺を持っていても上司運が悪いと思う人はいるし、両親が離婚している人はいます。
生月中殺を持っていても結婚できない人はいるし、仕事がうまくいかない人もいます。

まぁ、「それは一つの統計ですよ」と言われればそうなのかもしれませんけれど。
どうも、腑に落ちないですよね。
では、どうやって解釈していきましょうか。

解釈の一例

私は星の意味をそのまま覚える(伝える)のではなく、

何故、そう書いてあるのか

検証することにしています。
実際に鑑定して聞いてみたり、芸能人などを鑑定して考えます。

そこで見えてきたことについて紹介します。

宿命中殺についての私の解釈

生年中殺や生月中殺の他に、生日中殺とか日座中殺があってその4つを「宿命中殺」と呼ぶのですが、4つはそれぞれ

一般論とはちょっと変わってる

という感覚なんだということに気が付きました。

生年中殺は「親や上司など目上の人に対して変わってる」
生月中殺は「結婚観や仕事観が変わってる」
生日中殺は「天然と呼ばれる人たち」
日座中殺は「結婚相手が変わってる」

こんな感じ。

だから、「なんか運が悪い」とか「うまくいかない」って思いやすい。
もしくは、周りから「大変そう」と思われやすい。

ってだけなんですよね。

では、それぞれの星を持っている有名人を見てみたいと思います。

生年中殺を持っている有名人

高橋一生さん、横浜流星さん、竹内涼真さん、酒井法子さん、剛力彩芽さん、南海キャンディーズ山里さん、新垣結衣さん、土屋太鳳さん、フジモンさん、渡辺直美さん、松田聖子さん、IKKOさん、蛭子能収さん

生月中殺を持っている有名人

鬼龍院翔さん、窪田正孝さん、竹内結子さん、剛力彩芽さん、宮迫さん、ピエール瀧さん、貴乃花さん、春日さん、新庄剛志さん、ゆりやんレトリィーバーさん、張本勲さん、大谷翔平さん、松田聖子さん、田中将大さん、IKKOさん、蛭子能収さん

生日中殺を持っている有名人

東出昌大さん、ディーンフジオカさん、福士蒼汰さん、山崎賢人さん、剛力彩芽さん、深田恭子さん、ピエール瀧さん、広瀬すずさん、イチローさん、綾瀬はるかさん、清原和博さん、長嶋茂雄さん、南海キャンディーズ山里さん

日座中殺を持っている有名人

ムロツヨシさん、高橋一生さん、中村倫也さん、石原さとみさん、谷原章介さん、ジャスティンビーバーさん、剛力彩芽さん、高畑充希さん、原辰徳さん、野村克也さん、松任谷由実さん

宿命二中殺を持っている有名人

生年中殺と生月中殺の両方を持っている人は「宿命二中殺」といいます。

松田聖子さん、蛭子能収さん、IKKOさん

全てを持っている有名人

4つ全てを持っている人は

剛力彩芽さん

でした。

宿命中殺を持っている人の特徴?

宿命中殺を持っている人は、

波乱万丈な人生

なんて書かれていることもあるそうです。

波乱万丈といえば、デヴィ夫人や美輪明宏さんを思い浮かべますが、お二人は宿命中殺を持っていません。

宿命中殺を持っている人と関わりたくない?

また、

宿命中殺を持っている人と関わらない方がいいですか?

と聞かれたこともあります。

宿命中殺を持っている人のことをどう思っているのでしょうか…
逆に、

持っている星によって見方が変わってしまうあなたと関わりたくないよ

と思っちゃいますね。

個性のひとつ

まとめると、結局は「個性のひとつ」であると言えそうです。
食神を持っているとか劫財を持っているとかと変わらなそうですよね。

でも、人って「なんでうまくいかないの?」と思った時に

因果関係を求めてしまう

ものでもあります。

因果関係を知ることで安心するので、うまくいかない理由を星のせいにしてしまうのもありかなとは思っています。それで生きやすくなるのならそれでもいいのでは。

でも、思うのは自由ですが決めつけないようにしたいですね。

関連記事はこちら