四柱推命

「天中殺と守護神どちらが強く出る?」運勢や星の組み合わせによる影響度

こんにちは、おおはらはるみです。
日頃からヨガやピラティスをYouTubeをみながらやっていたのですが、今は子どもたちと縄跳びもしているので今の方が運動量が多いかもです。

さて、今日はよくいただく質問「影響度」について。

よくいただく質問

例えば、以下のような質問。

「十二運星に同じ星があるとどのように出ますか?
「第二宿命の星ってどのくらい影響がありますか?」
「宿命大半会と生月中殺ってどちらの方が影響が強いですか?」
「天中殺と守護神だとどんなことが起こりますか?」
「天中殺の年の絶好調の月ってどんな感じですか?」

運勢や持って生まれた星の影響度ってどれくらいあると思いますか?
100%ですか?

というと、生まれた瞬間に人生は決まってるって感じですか?

どのくらい星からの影響を受けるのだろう?

では、キムタクは生まれた瞬間に決まっていたのでしょうか?

四柱推命は生まれた日の命式を見る占術です。
じゃぁ、キムタクと同じ四柱の命式を持つ人っていっぱいいると思うのですが、キムタクと同じような人生を歩んでいるでしょうか?

ジャニーズに入っていればキムタクのようになれていたのでしょうか?

では質問を変えます。

双子は同じ人生になっていますか?
同じ時期に彼氏ができて同じ時期に結婚して同じ時期に出産していますか?

そう考えると運勢や星の影響って100%じゃなさそうですよね。

それでは100%じゃないとして、「どのくらい」をどうやって計りますか?

例えば、両親、先生、友達、上司、同僚、それぞれ「どのくらいの影響を受けたか」数値化できますか?

年齢や場面ごとに変化しませんか?
また、「影響の内容」によってもだいぶ違いませんか?

そうなんです、数値化はできないのですね。

人間には「感じる力」があって、その感じ方は人それぞれだからです。

人によって感じ方はそれぞれ

仮に「良い伴侶に恵まれる」という星を持っていて

文句も言わず、誰に対しても優しく、仕事も真面目で収入も平均以上そんな男性と結婚をしている女性が「つまらない男と結婚してしまった」

と思っていたとしたら「影響度」ってどこで計ればいいのでしょう?

また、「男に苦労する」という星を持っていて

ヒモで、ギャンブラーで家事もしないそんな男性と結婚をしていたとしても、本人が「そんな彼でも大好きだし幸せ!」

と思っていたとしたら?

こういうことってよくあります。

この場合の「影響度」ってどちら側で見た影響度でしょう?
他人から見て「そう思う」なら、影響が強い?

でも、本人は「そう思っていない」訳ですが、人生って他人が評価するものなのでしょうか?

そして、その評価って本当にその通りなのでしょうか?

四柱推命が読めるとは

「四柱推命が読める」という状態は、あくまでも「命式や運勢が読める」というだけでその人がどう感じてどう対処するか、までは読めません。

タロットカードやおみくじなどの卜占(ぼくせん)は偶然性から占う方法ですが、私は四柱推命などの命占(めいせん)も偶然生まれた生年月日で出たカードやおみくじと同じなのではないかと思っています。

タロットカードやおみくじもカードの絵柄やおみくじに書かれている言葉から何を感じ、何を得るかは自由です。

それと同じで命式から何を感じ、何を得るかも自由。

ですから、

「第二宿命の星ってどのくらい影響がありますか?」
「宿命大半会と生月中殺ってどちらの方が影響が強いですか?」
「天中殺と守護神だとどんなことが起こりますか?」
「天中殺の年の絶好調の月ってどんな感じですか?」

このような質問に対しての私の回答は「わからない」です。

「そういう星を持っている」とか「そういう運勢が巡っている」と四柱推命的に言えても、それで何が起こるかもその起こった現象に対して本人がどう感じて何を思うかもわかりません。

言えることは、

「第二宿命は命式と同じくらい人生に影響を与える」
「宿命大半会と生月中殺を両方持っている」
「天中殺と守護神の月両方来る」
「天中殺の年にと絶好調の月がやって来る」

という”四柱推命的解釈の事実”だけです。

それに対してどう感じ、何を得るかは自由です。世界は複雑ですから。

何千年も「人の生きる意味」や「宇宙が存在している意味」について偉い先生方が研究していて解明できていないことが大量にあるのに、「四柱推命でわかる」など言えないよなと個人的には思っています。

例を知りたい

鑑定師で、「例えばの例が知りたい」のであればデータを自分自身でとってみるといいですね。

有名人でデータを取る場合は、事実のみ集めることが可能です。

それに対し「良い」「悪い」と判断してしまうと自分の主観が入ってしまうので判断はしません。

羽生結弦選手で言うと

羽生選手は天中殺中に金メダルをとったが負傷も多かった

という事実だけわかります。

アーノルド・シュワルツェネッガーは

大運天中殺中に映画俳優として大成功を収めていて大運は守護神ではない

このように様々な例を調べると、「一概に言えない」ってことがわかると思います。

命式で人生を決めない

だから、悩んだり落ち込んだり、運勢を知って怖がるのって時間の無駄で、なりたい自分、叶えたい未来のために四柱推命を活用して時間を有意義に使って欲しいな、と思うのです。

命式で人生を決めないで、「自分のやりたいこと」のために命式を活用してくださいね。

はじめてさんのための「四柱推命はじめて講座」四柱推命をもっと詳しく知りたい! 学んでみたいけど覚えられるかな? 活用する四柱推命を知りたい! そんな方のために自宅で学べる ...
関連記事はこちら