四柱推命

四柱推命についての解説【同じ生年月日の人はどうなるの?何がわかるの?】

生年月日と出生時間から占う四柱推命。
今回は四柱推命について詳しく解説していきます。

四柱推命の歴史

四柱推命が日本に入ってきたのは江戸時代の中期頃。
四柱推命の元となったものが始めて作られたのは唐の時代頃ではないかと言われています。

様々な流派

今の日本には様々な流派が存在します。

・泰山流
・高木流
・透派
・武田流
・小山内式
・正玄流
・鳥海流
…など

結構多いな、と感じますよね。

 

流派による違い

流派による違いは様々です。

「蔵干」の取り方であったり、四柱で読むのか三柱で読むのか、十二運を読むのか読まないのか…など細かい部分の違いがあります。
どれが正解でどれが間違っている、というのはありません。
どれが好きか、どれが自分に合っているか、で決めるといいと思います。

宗教もそれぞれ違いますし、仏教も宗派は様々ですよね。
この宗派は正解で、あちらは不正解とは言いません。だから、占いにも正解・不正解はないんです。

また、それぞれ「四柱推命」と言っていたり「子平学」と言っていたり「推命学」と言っていたり呼び方も様々。

 

鳥海流四柱推命でわかること

私がこのブログで紹介しているのは鳥海流です。
鳥海流では下記のことが生年月日からわかります。

  • 性格
  • 自分らしい生き方
  • 第一印象
  • 祖先から受け継いだもの
  • 適職(仕事の内容、仕事のスタイル)
  • オフィシャルな自分
  • 素質
  • 才能
  • 異性運
  • 好きになる異性の特徴
  • 結婚のご縁
  • 相性
  • 人生のテーマ
  • 人間関係
  • 行動パターン
  • 宿命
  • 両親との関係性
  • 運勢(1日、1か月、1年、10年)
  • 訪れる人生の岐路と年代

など…

これらの結果から、より自分の能力を発揮しやすい場所や環境を整えたり、運勢を味方につけチャレンジしやすい時期や休む時期を把握して行動計画をすることができます。

 

同じ生年月日の人の場合

生年月日で占うということは、

同じ生年月日の人は同じ運命なの?

と疑問がわいてもおかしくないですね。

私にはちょうど同じ生年月日の友人がおりますが、全く同じ運命をたどることはありませんでした。ただ、性格や考え方が似ていることは確かです。運命のバイオリズムも同じになるので似たような時期に似たようなことが起こりやすいのですが、

  • 生まれた環境
  • 育った環境や人間関係
  • 本人の選択
  • 後天的な好き嫌い
  • 考え方

こういったものが大きく関わるため、同じ仕事に就くことや似たような人と結婚するといったことはありません。
そもそも、親も同じように「命式」を持っています。
そこの相性で自分の性格や運勢も異なることは明らかです。

例えば、私と友人は「偏印(へんいん)」という星を持っていますが、「偏印」は仕事の内容で見ると

  • 占い
  • 海外
  • インターネット
  • 医療

といった意味を持つ星です。

私は、「占い」と「インターネット」を選択し、友人は「海外」を選択しています。
また、友人も占いに興味がありました。
もうひとつ面白い点は、同じような時期に友人は海外へ移住したのに対し、私は沖縄へ移住しました。(私は現在横浜に戻ってきています)

これは、双子でも同じです。
同じように育てていても、その子が「どう感じるか」「どう思うか」「どれを選ぶか」は一人一人違います。

同じ生年月日の人は似ている傾向にあるが、全く同じようになる訳ではない、ということがわかります。

 

まとめ

占いはとても歴史が長く、何千年もの間、研究されてきたものです。
「統計学」と言われることもありますが、人の心を読むには「統計」は取れないと私は考えます。だから、統計学でもないし科学的根拠もありません。

けれど、自然哲学から研究され続けてきた「占い」は”何か当たるよね” という面白みがありますね。だからこそ人は占いに惹かれ、学び続けるのではないでしょうか。

 

関連記事はこちら