運勢

運勢の活用の仕方

投稿日:

 

「運勢の活用の仕方」について質問をいただく機会が増えたので、回答をシェアしたいと思います。

まず、大前提として星の使い方同様、運勢も「自分」が軸となります。

 

”自分のやりたいこと”に合わせて運勢を使っていきます。

例えば現在私は天中殺中ですが、天中殺中に注意することに「ミス」「人間関係」「モチベーション降下」などがあります。

 

これが自分軸の場合、

ミスしないようにチェックしよう

言葉の使い方に注意しよう

モチベーションが下がらないようにプライベートの充実を意識しよう

となるのですが、四柱推命が軸になってしまうと、

何のミスが起こるんだろう

人間関係が壊れちゃうんだろうか

モチベーション下がるの怖い

となってしまうんですね。

 

人生って四柱推命や占いが作っているのではなくて”自分の感情”で作っているんですよ。

全部、自分で決めたように出来上がっていきます。

 

過去の出来事さえも、自分が決めた瞬間に意味が変わります。

「嫌な過去」と決めていれば嫌な過去のまま。

 

でも、「今の私があるのはあの過去のおかげ」と決めた瞬間に嫌な過去は必要な過去として書き換わっていきます。

だから、まず「自分の軸」を持つことが大事。

どんな人生にしたいのか、それで全て決まっていきますからね。

 

悩みやすいと思えば悩みやすい人生になるし、

自信がないと思えば自信がない人生になるし、

人見知りと思えば人見知りの人生になるし、

お金が不安と思えばお金が不安な人生になるし、

上司運が悪いと思えば上司運が悪い人生になります。

プライベートもビジネスも”どうしたいのか” です。

計画する時に思考を使えばよくて、”どうしたいのか”に思考は挟みません。考えるからうまくいかない。

 

考えて出した「やりたいこと」って全部嘘だからうまくいかないですよ。

「ビジネスはこれをするのが普通だから」「妻はこうあるべきだから」そう考えた瞬間に、、、

ビジネスはこれをするのが普通だから嫌なことがあっても頑張る人生になります。

妻はこうあるべきだから我慢する人生になります。

 

本当にやりたいことではないからいつまで経っても誰かの顔色を伺うし、楽しくないから愚痴が増えちゃう。

 

それがやりたいことならいいんです。

でも、それがやりたくないことならその人生を作っているのは自分自身であること、嫌なら書き換えることも可能、ということに気付いてください。

 

「そうは言っても」と思うからそうは言っても、の人生になりますからね。

心から「やりたい」と思うことのために、運勢を使って波に乗る。

学ぶ時に最適な時に学びに行く、良いご縁に恵まれそうな時に出かける、体力が落ち込む時に休む。

そうやってご自分の人生を素敵に輝かせていってください。

 

来月はそんな運気が知れる運勢セミナーをします。

今年の運勢と3ヶ月の運勢を知って、やりたいことを叶えるための人生設計に活用してくださいね。

残席3名様です。

詳細はこちら

 

 

 

fotune teller

 

 

-運勢

Copyright© 四柱推命鑑定師養成講座・横浜教室・全国インターネット受講 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.