五行

五行エネルギーと体内バランス

投稿日:

昨日から四柱推命起業スクールのオンラインクラスも始まりました。
スクールでみんなと学ぶからこそ自分の持っていない星について知ることができて1対1では得られない「情報」を習得できるのは良いですね。

一番オススメなのは、横浜スクールです。
実際に会うからこそ、臨場感(ライブ感)が得られるし、休憩時間の会話も勉強になります。

 

ただ、お仕事をしている方、小さいお子さんがいてなかなかスケジュールが合わせられない方もいると思いますので、動画講座を作りました。

もらえる特典やフォローは同じです。増税前のこの機会にどうぞ。

横浜スクールは次回来年の1月から。オンラインは10月の夜間クラスがあります。

 

五行のお話

さて。四柱推命で使われている「五行説」。万物は5つの要素でできているよね、といった理論です。

例えば、「五臓六腑」なんて言いますが臓器も5つ。
季節も春夏秋冬と各季節の変わり目”土用”で5つ。
その他、目舌口鼻耳の五官、怒喜思悲恐の五志、酸味・苦味・甘味・辛味・鹹味の五味、青赤黄白黒の五色と様々なものが5つに分類されています。

 

で、この五行を使って四柱推命でも「健康運」を見ることができます。五行は干支の「木火土金水」の数で見ていきます。

→ 無料で自分の命式を調べる

私は、「木」のエネルギーが不足しているので昔からよく酸味の「お酢」を摂取していました。けれど、フルーツや野菜の酸味は苦手です。
レモン、グレープフルーツ、イチゴ、トマトこのような酸味は苦手でしたね。

また、夫は「金」のエネルギーが不足していて実際に喘息を持っているのですが、辛さ10倍カレーを食べたがったり、玉ねぎの辛味を感じなかったりタバスコや一味唐辛子などよくかけて補っています。
逆に「土」のエネルギーが多いので甘い物はあんまり食べません。

私の姉は「水」のエネルギーが不足していて冷え性です。そして水分をあまり摂らない。
塩辛いものが好きだったので、「塩辛」とか「梅干し」をよく食べていましたね。

火のエネルギーが不足している人は紅茶やコーヒーをよく飲むかもしれません。

 

このように、知らず知らずのうちに自分の体内でバランスを取ろうとしているんですね。

健康運は講座では4回目に勉強します。中医薬膳学やアロマと合わせると面白いサービスが作れそうです。

 

 

 

fotune teller

 

 

-五行

Copyright© 四柱推命鑑定師養成講座・横浜教室・全国インターネット受講 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.