四柱推命 通変星

【通変星】陰陽を確認して整える

更新日:

木曜日は、月1の神社ツアーで紫陽花が美しい「鎌倉」まで出かけて参りました~!

今回の神社ツアーもですが、ほとんど計画をしないで行きます。

なんとなく決めて、後は参加してくれている人と決める。

 

ちょっと前までは計画もしっかり、無駄なく、失敗なく、だったのでそりゃーそりゃー胃がキリキリして苦しかったのですが、そういうのを辞めたらスッキリ!

「偏財」の【顔色や空気を読みたい!】欲求がバリバリに固まっていたんでしょうね。

 

全てのものに【陰陽】がある

欲求も陰陽です。

欲求が膨れ上がりすぎて悩みや葛藤を生んでいる場合その反対を少しずつ取り入れることで良いバランスになっていきます。(つまり、中庸)

うまくいかない時は、どちらかに偏っているからなんです。

欲求が強く出すぎているか、欲求を満たしてあげられていないか。

 

では、それぞれの「過多」(陽)と「不足」(陰)を見ていきましょう。

 

【比肩の場合】

過多:強者は私だけだ

人からのアドバイスを受け付けなくなる可能性

不足:弱者でありたい

「私は全然できていない」とか「私には無理」とどんどん自分を下げていってしまう可能性

 

【劫財の場合】

過多:勝者は私だけだ

ゴリゴリのワンマンになる可能性

不足:敗北者でありたい

「家族が●●だから」「知識がないから」とやらない理由を作り上げてしまう可能性

 

【食神の場合】

過多:我慢したくない

散財傾向になり仕事にも身が入らなくなる可能性

不足:楽しんでも意味ない

「楽しいだけでは食べられない」とか「このままでいいのかな」と楽しむことを受け入れられない可能性

 

【傷官の場合】

過多:美しくないものは無意味

(本人にとっての価値基準で)美しくないものに攻撃しまくって排除しようとする可能性

不足:私は美しくない

「どうせ私なんて」「あの人と比べて」と自分磨きを怠る可能性(外見・内面・能力など)

 

【偏財の場合】

過多:奉仕(社交性)が全て

自己犠牲をしてまで他人に尽くしてしまう可能性

不足:社交的ではない

「面倒」「関わりたくない」と言って人付き合いを避ける可能性

 

【正財の場合】

過多:誠実さ(ルール)が全て

ルールを重視し感情をないがしろにしてしまう可能性

不足:誠実ではない

「私には無理」「自信がない」と言って責任を負わなくなる可能性

 

【偏官の場合】

過多:勇敢こそ正義だ

周りの意見を無視して暴走(攻撃)してしまう可能性

不足:勇敢ではない

「自分じゃなくても」「誰かがやってくれる」と言って見て見ぬ振りをしてしまう可能性

 

【正官の場合】

過多:正しい私は間違えない

プライドが高くなり正しさと間違いの分別がつかなくなる可能性

不足:正しくない

「普通は…」「親が…」と世間体を気にして行動できなくなる可能性

 

【偏印の場合】

過多:個性的でないといけない

個性的であるために手当たり次第になる可能性

不足:私なんて普通

「私なんて普通」「私よりもあの人が」と言って自分の知識や体験を大事にしない可能性

 

【印綬の場合】

過多:私が知らないことはない

自分の知識を過信してしまう可能性

不足:私はバカだ

「あの人の方がすごい」「まだまだ知識不足」と言って自分の知識を周りに提供しなくなる可能性

 

陰陽は全てのものに存在します。

それは、欲求も同じことです。

星の組み合わせによって、うまく欲求を表現しにくい場合があるのですがその組み合わせを知らなくても、それぞれの欲求の陰陽を意識していただくとどちら側に偏っているのか、が理解できると思います。

そうしたら、その反対を意識すれば良いだけ!

 

うまくいかない。

ならば、今の自分の状態を確認してその反対を少しずつ取り入れてみてくださいね。

 

 

具体的にどうしたらいい?今の自分の状態がイマイチわからない!

そんな方には、このワークショップがをオススメします。

no image
星を使う!リボーンブートキャンプ

星は何もしない。 星を使うのは、自分だ。 四柱推命で知った自分の星、 あなたはそれを使っていますか?   目次星は何もしない。自分の人生に当てはめるでも、何でうまく使えないんだろう?星を使う ...

 

 

fotune teller

 

 

-四柱推命, 通変星

Copyright© 四柱推命鑑定師養成講座・横浜教室・全国インターネット受講 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.