四柱推命

「偏印・印綬」ビジネスでの使い方

今日はメルマガ読者さんからのご相談をご紹介いたします。

[st-mybox title=”読者さんからの相談” fontawesome=”fa-question-circle” color=”#03A9F4″ bordercolor=”#B3E5FC” bgcolor=”#E1F5FE” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

私は偏印と印綬の星を4つ持っています。

だからか、学ぶのは大好きで色々なことを学んでいますが、学んでばかりでお金になっていません。四柱推命のことも知り、四柱推命も学んでみたくて仕方ないのですが、学んでばかりいたらお金がいくらあっても足りません…

星を使うという意味ではこのままでいいのでしょうか?

[/st-mybox]

 

 

印星の欲求

偏印と印綬の欲求は

「個性的でありたい」

「物知りでありたい」

です。

 

それぞれの星の欲求については電子書籍にまとめています↓

[st-card id=363 label=”” name=”” bgcolor=”” color=””]

 

私も偏印と印綬を3つ持っていて、常に勉強していたい!とひたすら本を買い漁っています。

「学ぶための人生」とっても良いじゃないですか!

 

持っていない星は全く持っていない訳ではなく、持っていない星が「運勢」で巡ってくるとその時に、違う星の欲求も生まれるようになっています。

つまり、偏印や印綬を持っていなくてもその星が巡ってきた時に「学びたい欲求」が生まれやすいし、それが本来持っている星と良い関係性を育めた場合、その後も「学びの欲求」がより強く表現されていくこともあります。

 

偏印も印綬も「学び欲求」ですが「個性的でありたい」「物知りでありたい」という欲求は”学んだことを伝えること”で欲求が満たされます。

 

[st-kaiwa4]いろんなことを知ってるんですね![/st-kaiwa4]

と言われない限り、個性的なのか、物知りなのか自分ではわかりませんよね。

 

ビジネスへの応用

しかし、学んだことをビジネスに活かしていくときに

[st-kaiwa2]せっかく学んだのに勿体ない![/st-kaiwa2]

[st-kaiwa6]お金にしなきゃ![/st-kaiwa6]

と思って行動に移していると、そもそもでそれは「欲求」ではないので活動そのものを楽しめないでしょう。

 

うまくいっていない起業家の「うまくいかない理由」はほとんどがそれ。

”ビジネスの活動を楽しんでいない”

それがうまくいかない原因になってしまっているんです。

 

私の四柱推命講座では活動のための「起業講座」も一緒に受けることができますが、そこでの最初の講義は、「やりたいこと」の見つけ方です。

情報発信の仕方(ノウハウ)を知っていてもそもそもが発信したい内容じゃない場合、「欲求」ではなく「義務」が働くのでビジネスそのものを楽しめません。

 

「楽しく学んだこの情報をみんなにも伝えてみたい!」「学んだことで喜んでくれてビジネスになったら楽しそう!」そういう”楽しむ心”が何よりも大切なんです。

 

楽しむビジネスを構築したら、「お金にならない」と悩むこともなくなりますよ。

 

四柱推命を学んでみたい!その楽しさも伝えたい!という方には、私の四柱推命起業講座はとてもオススメです。

今月末でマンツーマンでのプライベートレッスンの募集を一度終了するので、マンツーマンをご希望の方はお早めにご連絡くださーい!

また、四柱推命と起業講座を全部で6回この金額で受けられるのも今月で最後です!

[pz-linkcard-auto-replace url="http://kiwami611.info/school/"]

 

関連記事はこちら