四柱推命 鑑定

星の組み合わせによる意味

投稿日:

生徒さんからの質問

組み合わせによる意味は、
その星が2つ・3つある場合、
どんな風に表現されますか?

 

四柱推命講座では、それぞれの星の意味の他に組み合わせによって表現されやすい現象についても学ぶのですが、先日、生徒さんから上記のような質問をいただきました。

 

答えは?

わかりません。

ハッキリと「こうなる!」とは言えないけど、他の星の意味が含まれた状態で表現されているとは思います。

その星の意味が強く出ているか、それとも兄弟星の意味になっているか、場合によっては違う部分の星が大きく出てきているかもしれない。

というのも、持っている星によって現れやすい欲求や特徴はわかりますが、それが実際にどのように表現されるかは「環境」「考え方」「選択」によって変化していくものです。

 

環境によって、使いやすい星があったり使いにくい星があったりするのでその他の星の活用具合によっても変わってきます。

 

育った環境に左右される

特にご両親の持っている星によってその現れ方が変化しやすいです。

ご両親と同じ星を持っていればその星が使いやすくなるでしょうし、ご両親が持っていない星を自分が持っていた場合、あまり理解されなくて扱いにくい星に変わることはよくあることです。

また、ご両親がその星をうまく使えていないと同じように発揮の仕方がわからないということもあり得ます。

なので、どのように表現されるかは十人十色。

 

1+1=2
にはならないんです。

 

それが占星術の面白いところ!

 

この星とこの星が重なるとケチ!
2つあるとナルシスト!
とかも、面白いんですけどね〜

 

星との会話

鑑定を繰り返していくとクライアントがどの星の話をしているのかわかるようになってきます。

場合によっては、「星からのSOS」のように聞こえる時もある。

 

あぁ、星を使って欲しいのね。
OK、伝えてみるね。

そんな風に星と会話をしながら鑑定をしていたりします。

 

だから、生年月日を聞いて予め、星の意味からどのように表現されているか、どんな課題が生まれやすいのか、把握しておいて実際の現れ方は話して確認。

というのが鑑定の流れ。

予め把握してあるので、話をすることで

あ〜!この星がこうなってあの星があぁなったのか。
じゃぁ、この星をこうしたらもう少しラクになるかもね。

 

という状況把握と解決策が頭の中で出来上がるのでそこで改めてクライアントに合ったアドバイスが出来ます。

 

「星だけを見て言い当てる」そんな鑑定師に憧れるかもしれないけれどそれって「星」しか見てないですよね。

そうではなくて、クライアントがどんな経験をしてその中でどんな感情を抱いてどこへ向かおうとしているのか、それを理解し一人一人に合った
アドバイスをする、そんな人間味のある鑑定がわたしの目指す方向性です。

 

 

 

四柱推命の電子書籍プレゼント
メールマガジン

 

四柱推命を習いたい方向け
四柱推命講座

北海道、山形、宮城、福島、茨城、埼玉、
神奈川、東京、千葉、愛知、岐阜、大阪、
京都、兵庫、岡山、福岡、大分、韓国
の生徒さんが活躍中です!!!

-四柱推命, 鑑定

Copyright© 四柱推命鑑定師養成講座・横浜教室・全国インターネット受講 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.