四柱推命 天中殺

天中殺に注意したいこと

更新日:

「天中殺」と聞くとどんなイメージがありますか?

今日ご紹介するご相談は「天中殺」に関するものなのですが、細木数子先生の六星占術が流行った時に「大殺界」は恐ろしい感じで紹介されていたからか私も天中殺は何か恐ろしい時期だと思っていました。

ですが、四柱推命を深く学んでいくと天中殺はそんなに怖いものではなく、むしろ普段から努力をしている人にとっては良い方向に結果が出るような時期でもあります。

ちゃんと理解すればそんなに怖いものではなかったのです。

 

例えば、羽生くんや荒川静香さんの金メダルは彼らが天中殺の時期に獲得したもの。

天が味方をしてくれない時期なのですが、天がない分、努力し続けてきた人にはどこまででも突き抜けて良いことも起こりやすい時期とも言えるでしょう。

もちろん、良いことばかりでもないのが「天中殺」。
では、天中殺時期はどのようなことに気をつければ良いのか。

まずは、今日のご相談への回答から
ご紹介します。

↓↓↓

私は来月から天中殺の月に入りそのまま2月から3年間も天中殺となります。
仕事で年単位の出張の打診があり、そのままの流れで総合職になりたいと最近考えていますが、天中殺中に役職を自ら望んで上がるのは注意した方がいいのでしょうか?

 

天中殺って?

「天中殺」中は、自分の意思で行なったものは天中殺が明けた後に「無」に戻ると言われています。

とても不安定な時期です。

 

”天と地がない”時期ですので、地に足が着いていない状態、いつもの自分とはなんか違う状態、になりがちです。

そのため、「新しいことは全て避けること」なんて書かれていたりするわけですね。

ただし、「全て」ではありません。

 

・人から勧められたもの
・誰かを手伝う、助ける、幸せにする
・勉強
などはうまくいく時期です。

 

ですので、ご相談者さまの場合も「自分から願望を伝える」というよりは、「会社側から打診があった時にお受けする」という形の方が「無」になる心配もないと考えます。

 

天中殺中は、イメージするなら「寝ている時」でしょうか。

夢では、空を飛んだり好きな人とデートしたり有名になったりしたのに、目が覚めたら現実に戻る。

それが天中殺の時期と捉えていただくと良いです。

 

・人から勧められたもの
・誰かを手伝う、助ける、幸せにする
・勉強
が良いのは、「誰か」が介入してくれることでない「地上」が作れることです。

 

天中殺の経験

例えば、私の転職の話をしたいのですが前の天中殺の時、私は転職をしました。

ですが、全然うまくいかないのです。

 

一つは、いわゆるブラック企業で残業は何時間でも当たり前、契約の取れない社員は「タコ社員」と呼ばれパワハラもいいとこです。

これは危険だなと思って7日で辞めました。

 

何だか八方塞がりな感じが続いたので「これはもう、自分の選ばない道を選ぼう」と、契約社員を選択し、そこのスタッフに勧められたところにしました。

私は接客が好きなのですが、そこは営業事務。

しかし、「人から勧められたもの」だったためか、働きやすく非常に楽しい仕事場でした。

 

天中殺中は、いつもの自分と違う為新しいことをしたくなったり、辞めたくなったり、小さなミスが多発して気分が落ち込んだり、としやすい時期です。

会社を辞めたい。だけど3年もじっと耐えるのはシンドイと思うので、転職してもいいと思うのですが一応、そういうこともあるんだなと私の経験を思い出してみてください。

 

能動的(人に流される)がちょうどいい

なんかうまくいかない時が続いたら、もしかすると自分から行動を起こしている時かもしれません。

ここは、能動的になって人に流される(地上を作る)ことを意識してみてください。

 

 

天中殺は、誰にでも訪れる時期です。春・夏・秋と頑張って働いた分、冬はゆっくり過ごしてね、という自然の法則そのままですね。

 

 

四柱推命の電子書籍プレゼント
メールマガジン

 

四柱推命を習いたい方向け
四柱推命講座

北海道、山形、宮城、福島、茨城、埼玉、
神奈川、東京、千葉、愛知、岐阜、大阪、
京都、兵庫、岡山、福岡、大分、韓国
の生徒さんが活躍中です!!!

-四柱推命, 天中殺

Copyright© 四柱推命鑑定師養成講座・横浜教室・全国インターネット受講 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.