五行 四柱推命

陰陽五行説 相生と相剋の相性

投稿日:

四柱推命は中国で生まれた「陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)」を応用した占いです。

陰陽五行説について

太陽と月、コインの裏表のように、物事には表と裏が存在しているよね。
というのが、「陰陽」。四柱推命では、陽を「+」で表し、陰を「-」で表しています。

また、万物は(生き物以外)木・火・土・金・水の5つの要素から成り立っているよね。
というのが、「五行説(五行論)」。

この2つを組み合わせたものが、「陰陽五行説」です。

五行の相生(そうしょう)と相剋(そうこく)

五行には相生と相剋の相性があります。

黄色い矢印:相生(助け合う、生む)
青い矢印:相剋(攻撃する、抑制)

相生の相性

木は火を燃やす燃料になる
火は燃えて灰となり土を肥やす
土は金を生み出す
金は表面に水が生じる
水は木を育てる

 

相剋の相性

木は土の養分を吸い取る
火は金を溶かす
土は水の流れを止める
金は木を傷つける
水は火を消す

 

人と人との相性は?

相生と相剋の相性はとても大事な概念です。
持って生まれた五行のエネルギーにより、悪化しやすい臓器を知るのにも役立ちます。

しかし、人と人との相性を「相生」と「相剋」で判断してしまうのは危険ではないかと私は考えています。

確かに、五行のエネルギーで見ると真反対ですが、真反対だからこそ惹かれるもの・学ぶべきことがたくさんあると考えることもできませんか?

木は金に切られることで色んな材料になることが出来る
火は水によって湿り気や落ち着きを知る
土は木によってより栄養を蓄えようとすることが出来る
金は火により柔軟性を学ぶ
水は土によってとどまり考察力を鍛えられる

このように考えることが出来ると、一概に「あなたたちは相性が悪いですよ」という占いにはならないはずです。

何故、五行が存在しているのかというとそれぞれが 地球にとって必要なもの だからなはずです。と、考えるならば、全ては自分が生きていく上で学ぶことのできる大事な存在であり、必要じゃない人は誰一人いない。と考えられるのではないでしょうか。

もしかしたら、学校に、職場に、仲間内に、苦手な人がいるかもしれません。その人と無理してでも仲良くなれ、とは言いません。しかし、もしかすると学ぶところが少しはあるのかもしれません。
半面教師になるのかもしれないし、自分の苦手とすることをいとも簡単にしてしまうから嫉妬していることを知るかもしれません。

どちらにしても、全て自分にとってプラスになると考えることが出来たら、人生はもっと楽しくなるんじゃないかなと思います。

相生と相剋の概念は大事なのですが、人と人との相性までは信じすぎないようにすると良いでしょう。

無料メールマガジン

四柱推命の電子書籍付!
無料メールマガジンを発行しています。
四柱推命について知りたい方にオススメです♪

 

運営者プロフィール

おおはら はるみ

日本占道協会 鳥海流四柱推命 認定鑑定師/認定講師
横浜生まれ・横浜育ち
紅茶・チョコレート・ワイン・チーズ・アボカドが好き
詳しいプロフィールはこちら

 

四柱推命講座 開催中!!

横浜駅徒歩8分程度の教室での対面講座
無料オンラインzoomを使って全国から受講可能
(山形・宮城・福島・千葉・埼玉・岐阜・大阪・京都・岡山・福岡・大分の生徒さんがいらっしゃいます)

 

-五行, 四柱推命

Copyright© 四柱推命鑑定師養成講座・横浜教室・全国インターネット受講 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.