働き方 十二運星 四柱推命 通変星

必ず食える1%の人になる方法×四柱推命

投稿日:

今日は、「これからの働き方について四柱推命的に考える」をテーマに話しました。
「藤原和博の必ず食える1%の人になる方法」

で紹介されているマトリックスを元に通変星と十二運星をあてはめました。
今後、独立していく人が増えていく中で自分の”負けない領域”をどのように作っていけばいいのか、考えるキッカケになれば嬉しいです。


以下、書下ろしです☆

みなさんこんにちは。
おおはら はるみです。

今日のはるみラジオは
「これからの働き方について四柱推命的に考える」をテーマに
お送りしていきたいと思います。

今年、2018年は比肩という星が回ってきていまして、比肩というのは「独立」を表す星なんですけども、さらに副業OKの会社も増えてきているので、今まで以上に益々独立していく人が増えていくんじゃないかなと思います。

インターネットを見ても、女性起業家というのが本当に増えてきていると思います。
ただ、その中で、やっぱり「好きなことでちゃんとご飯を食べられるようになるのか」というのはやっぱり心配するところではあると思うんですね。
それは、キーテーマになるんじゃないかなと思っています。

で、それについてですね、解決策というものが書かれた本がありますのでそれをご紹介したいと思うのですが、それがこちらです。
「藤原和博の必ず食える1%の人になる方法」です。
ま、1%の人になれれば必ずご飯が食えるようになる、ご飯が食べられるようになる、その方法についてわかりやすく書かれているんですね。

ただ、人によって「生き方」だったり「価値観」によって異なってくると思うのでそれぞれ4つのパターンに分けてあるマトリックスを使ってですね、このタイプだったらこの方法で1%になっていったらどうだろうか、といったことが書かれています。
で、以前ですね、アメブロでも「四柱推命で考えるとこの藤原さんのマトリックスを使うとこの星はこのタイプ」と書いていたんですけども、あれから1年くらいたっているので、改めて考えてみました。

本で紹介しているマトリックスがAmazonに載っていたので拝借したのですが、それがこちらです。
まず、権力志向サラリーマンタイプなのか、というのと、下がプロ、独立志向なのかで分かれているんですね。
で、次が横、経済的価値が重要なのか、それとも経済以外の価値が重要なのか、この主に4つのパターンで分かれている訳です。

Aのところ、権力タイプというのと経済価値というところで「社長タイプ」になっています。力、ということですね。
で、下のBが独立志向で経済的価値というところから、自営業タイプ。
で、サラリーマン志向で経済以外の価値で、サラリーマンタイプ。これは”つながり”って書いてありますね。
で、Dがプロ志向で経済以外の価値で、研究者タイプでこれが「好き」がテーマになっているようなんですけども。

このマトリックスを使って、「今の段階で」です。
今の段階で、どれを重視しているのかによってやり方が変わってくるだろうということでそれぞれのタイプによってこういう方法で1%になっていく方法があるよ、と紹介されているんですね。
で、私は四柱推命的にこれを考えていきたかったので、それぞれ「通変星」をあてはめるとこうかなとあてはめてみました。
それがこれです。はい。

横軸の「経済価値」と「経済以外の価値」は消しました。
社長タイプなのか、自営業タイプなのか、公務員タイプなのか、研究者タイプなのか、で分けたんですね。
私の場合なので、星のイメージですよね、それぞれ先生によって星のイメージちょっと異なってくると思いますので、これが正解!という訳ではないんですけども。

まずは、「社長タイプ」です。社長タイプはやっぱり劫財かな、と思うんですね。
人をまとめる劫財、あと、ルールに則って計画していく正財。
劫財と正財がやっぱり社長タイプかなと思うんですよ。

で、その下。自営業タイプなんですけども、やっぱり独立、1人でっていう、フリーランスという意味がある比肩。
あと、「技」ですから自分の技術を高めていくっていうところが、自営業タイプなので「傷官」。
あと、「偏財」。偏財もちょっと微妙で難しいなと思ったんですけど。
やっぱり、自営業タイプで人をどんどん巻き込んでいくというと”つながり”かな?とか考えたんですけど、一応自営業タイプのところに偏財入れました。

そして、公務員タイプです。公務員タイプは”つながり”というところで「正官」「偏官」を入れたんですね。
正官は公務員が多いですから、正官はやっぱり公務員タイプかなと思うのと、
あと「印綬」ですね、どちらかというと独立というよりかは安定志向なので印綬は公務員タイプかなという感じはあります・
で、偏官は営業マンなんですよ。
あと親分肌なので、ま、社長タイプともそんな感じかな?と思うところもあるんですけど、一応公務員タイプに入れてみました。

偏財、偏官は難しい感じでしたね~

で、最後に”好き”って書いてある、研究者タイプですね。
やっぱり「好きを仕事にする」って考えると趣味を仕事にしたい「食神」ですよね。
あと、色々と目移りするというか新しいものに目がいきやすい「偏印」ですね。
偏印もやっぱり研究者タイプ。
研究者、というとなんか印綬の方が強いかなと思うんですけど、「好きなことを仕事にしたい」ってなると独立タイプでさらに好きを極めたい、というところからここに「偏印」を入れてます。

通変星を分けていくとこんな感じかな?というところです。
それぞれ考えていくと「いや、この星はこっちかな?」とかちょっとあったりするんですけど、なんとなくあてはめていくと
「社長タイプ」が劫財・正財
「自営業タイプ」が比肩・傷官・偏財
「公務員」が偏官・正官・印綬
「研究者」が食神・偏印
かな~?という感じです。

私の場合は、技の「傷官」と「偏財」を持っているので自営業タイプは2つ。
あと、つながりの公務員タイプの「印綬」を2つ持っているのでここも2つ。
あと、好きの研究者タイプ、ここは偏印を持ってるので1つ持ってます。

社長タイプの劫財、正財は両方持っていないので、社長タイプではないですね。
偏印とあと十二運星の沐浴を持っているので、結構一匹オオカミタイプなんですよ。
人をまとめるというよりかは、一人でやっていきたい!という独立志向ですよね。
そっちの方が強いと思います。

印綬も公務員タイプに入れてますけど、研究者よりなので、そう考えると独立志向であっているのかなと思います。

あと、十二運星ですね、十二運星の場合、ちょっと難しいんですけど一応あてはめてみるとこうなんですよ。
経済的価値か経済以外の価値、どっちかに分ける感じになるんですね。
一般的に、帝旺・建禄・冠帯・長生・沐浴・衰・病っていうのは、経済的価値。
例えばお金だったりとか、地位だったりとか、物質的なもの。

で、死・墓・絶・胎・養っていうのは、経済以外の価値。
精神的欲求みたいなところ。
こう分かれています。

これで分かれているんですけど、社長タイプか自営業タイプか、公務員タイプか、研究者タイプか、っていうのはどちらかというと通変星かなと思うんですね。
ま、やっぱり全体的なバランスを見て。って感じですかね。
あ、これ、正解ではないので、経済的価値を追求していきなさいとか、経済的以外の価値を追及していきなさいとか、社長タイプになりなさいとか、研究者になりなさいとか、そういうことではないので
自分の好きなことを仕事にしたいなとか、色々と好きなことを探していく中で自分の持っている星をこういう風に当てはめるとこんな感じなので、そこから紐解いてみてはいかがですか?というそんなご提案のマトリックスです。

その4つのタイプ別に1%の人になるための方法が本に書いてある訳なんですが。
要はですね、1%の人間イコールレアキャラになりましょう、と。
私は「変態さ」というのを出していきましょう、なんて言ったりするんですけど、何か狭い範囲の中で”レア”、ナンバー1を目指していく方が早い訳です。

例えば占い師なんていうのは、本当にたくさんいますけども、占い師の中でのナンバー1ていうのは難しい訳ですよ。
なんとかの母とか、手相の人とか、ゲッターズ飯田さんとか、しいたけ占いさんとか有名な人がもういっぱいいる中で、その中でナンバー1になるのは難しい訳です。
ただ、占い師っていうとまだまだレア感あるじゃないですか。
私占い師と友達です!って人なかなかいないので、その中ではレアになると思うんですね。
例えば、学校の中で「私、占い師」なんて言ったら友達めっちゃ来ると思うんですよ。
「見て見てー!」って感じになると思うですね。
あと、ママ友の中とか。

ただ、それを仕事にしていくってなった時、100人に1人とかそのくらいの程度だとやっぱり食べて行くっていうのは難しくなっていくので、
だったら、より狭い範囲の中でレアになっていくと良いと。
例えば、占い以外いもうひとつ、100人に1人の分野のものを作っていれば、100×100で1万人に1人のレアになれると、さらにもう一つの分野が増えると100万人に1人の超レアな人になれる。
だから、3つの分野で100人に1人になっていけば、あなたは確実に1%の人間になって一生食べて行くのに困らないよ、っていうのが書かれているんですけど。
ま、ひとつの分野で100人に1人というのはなろうと思えばなれそうじゃないですか。

ただ、これから何かを始める、それで100人に1人になる、というのもいいと思うんですが、既にほかの人より何かが好きとか何かが得意とかという時点でレアにはなれる訳ですよ。
そういう部分を大事にするといいと思うんですね。

例えば、私占い師ですけども、主婦の仕事を旦那さんと交代している訳ですが、その時点でちょっとレアですよね。
あと、沖縄に移住していたりもするので、どこか自分の生まれた土地を離れて移住したい、みたいな人にとってはやっぱりレアになってくる。
あと、ビジネス、インターネットを使ったビジネスだともう7年以上やっているので、そうすると100人に1人にはなれてると思うんです。
あと、エネルギーですね。エネルギーについて4年以上学んでるっていうのがあるので、それが1つずつ増えていけば増えていくほどレアキャラになっている訳ですよ。
それ以外にも昆虫が好きとかだったら昆虫で占い師で結構レアだと思うんですよね。
それとか、コンビニスイーツがめっちゃ好きな占い師とかでもいいじゃないですか。
なんかちょっと変わってるじゃないですか。

これからさらに学んで始める、以外に既に好きなもの。
ジャニーズ好きでも、猫が好きでも犬が好きでも何でもいいんですけど。
と、得意なもの。
水泳ずっとやってた、とか。
そういうのとかで占いとうまく結び付けていけばレアな人になれるんですよ。

別に占い師じゃなくても、コンサルタントとして何かするってなった時にコンサルタントとしてのナンバー1を目指すんじゃなくて、何かの狭いところの中でのナンバー1を目指していければその中で稼げるようになる訳で。
そこで稼げるようになったらまた少し広げていくことでレアな人になれると思います。
ぜひ、この「必ず食える1%になる方法」興味がありましたらぜひ、読んでみてください。

それでは、今回のはるみラジオは以上です。ありがとうございました。

 

 

(北海道、山形、宮城、福島、茨城、埼玉、千葉、東京、岐阜、滋賀、大阪、京都、兵庫、愛知、岡山、福岡、大分の生徒さんが活躍中です)

 

fotune teller

 

 

 

-働き方, 十二運星, 四柱推命, 通変星

Copyright© 四柱推命鑑定師養成講座・横浜教室・全国インターネット受講 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.