四柱推命 命式の見方

この記事は2分で読めます

四柱推命では、生年月日から
十個の「干」(十干)と十二個の「支」(十二支)という
空間と時間を表す文字に置き換えた命式を作ります。
 
これが私の命式です。

 
 
◆自分の命式を知りたい人はこちら
 ⇒ 命式を調べる
 


赤枠で囲った部分、ここは「日柱の干支」(にっちゅうのかんし)。
自分の性格の土台となっている部分です。
 
今は干支と書いて【えと】と読むけど
昔は10個の干「十干(じっかん)」と
12個の支「十二支(じゅうにし)」
をひとつずつくっつけたものでした。
 
 
十干は
甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸
 
十二支は
子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥
 
これを順番に
甲子・乙丑・丙寅・・・・・とくっつけていき60番目に癸亥がきて
61番目にまた甲子と戻り十干十二支を一巡することから
還暦(かんれき)「暦(こよみ)が還る(かえる)」とされています。
 
 
この命式の場合だと、
「庚」かのえ と 「午」うま
がくっついて「庚午」かのえうま。
 
「庚」の部分が日干(にっかん)です。
 
日干それぞれの意味は ⇒ こちら
十二支それぞれの意味は ⇒ こちら
 
 

続いての赤枠は
通変星(つうへんせい)、
蔵干通変星(ぞうかんつうへんせい)
と読みます。
 
ここは得意なものをあらわす部分。
星それぞれにも性格があります。
 
 

 
続いての赤枠は
十二運星(じゅうにうんせい)と読みます。
運勢の強弱、性格や才能、能力をあらわします。
 
この十二運星は人の一生
仏教の輪廻転生を表しています。
胎・養・長生・沐浴・冠帯・建禄・帝王・衰・病・死・墓・絶
 
不吉な漢字も中にはあるんですけど
決して悪いものではありません。
ただただ人の一生を表しただけのもの。
 
この十二運星はどうぶつ占いの元にもなっているんですよ~
 
 

 
最後に運勢エネルギー。
このエネルギーは十二運星が持つエネルギーの合算。
結婚適齢期や稼ぎ方がわかります。
 
 
全ての星に意思があります。
 
みんなが「私を使って」と言っていますが、
うまく使いきれていないと
星は拗ねたり、グレたり、疲れたりします。
 
 
そうすると、星の悪い部分を出してきます。
イライラしたり、素直になれなかったり、
落ち込んだり、悩んでばかりいたり・・・
 
 
イメージはこんな感じ。
 

 
本当は良い子なのに、自分を見失ってしまったパターン
 
 
必要以上に自分を大きく見せるのも
自分を小さく見せようとするのも
自分だけ!って強欲になるのも
自分だけ・・・って悲観的になるのも
疲れが抜けない、涙が止まらない、
頭がパンクしそう!こんなのもうイヤ!
ぜーんぶ悪い部分が出てきてる証拠です。
 
 
しっかり星を読んで受け入れて自分を解放すること、
時期を読んでうまく味方に付けていくことで
星を活かすことができますよ☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おおはら はるみ

プロフィール詳細はこちらからどうぞ

【萃晴】
占道協会認定鑑定師
占道協会認定講師

プロフィールはこちらです。

プロフィール

☆四柱推命無料メルマガ☆

四柱推命

  




鑑定のご依頼についてはこちらからどうぞ。




amebaブログ更新中!

twitter

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。