四柱推命 鑑定

あの人は何故、あの時辞めたのか

更新日:

今日は、「あの人は、何故あの時辞めたのか」をテーマに
急に辞めていった有名な人たちを四柱推命の運勢的に何かわかるのか?
見ていきたいと思います。

もしかしたら、何だかうまくいかなくて辞めることにした、という過去がある人は意外と四柱推命の運勢通りだったのかもしれませんね。

以下、書下ろしです☆

みなさんこんにちは。
おおはら はるみです。今日のはるみラジオは
「あの人は、何故あの時辞めたのか」です。

ということで、クレヨンしんちゃんの声を担当していた矢島晶子さん。
クレヨンしんちゃんを降板した訳ですけども、何か辞めるにあたって四柱推命的な運勢的な何かがあって決意した?決意した時に時期だったのか、とか色々とあるんじゃないかと思って「あの人は、何故あの時辞めたのか」を運勢的に見ていきたいなと思っています。

では、まずはクレヨンしんちゃんの声をやっていた「矢島晶子さん」の運勢を見ていきたいと思います。
こちらです。
ピンクの丸のところなんですけど、「納音」・・・今年、納音(なっちん)って言って、60年に一度、誰でも訪れるんですけども、それが矢島晶子さんになっていて、で、納音っていうのは”今までのものが白紙に戻る”とか、そういう意味合いのものなんですけど、今までのクレヨンしんちゃんの声を担当してきたのが白紙に戻った。とかそういうことなんですかね?
さらに、天中殺の2年目なんですね。

で、あともう2人見ていきたいんですけど。
例えば、千代の富士。
私、千代の富士大好きだったんですけど。
千代の富士も急な引退だったというか・・・だったと思うので千代の富士の辞めた時の運勢っていうのを見ていきたいと思います。

こちらです。
えーと、千代の富士が辞めたのが1991年なんですよね、今ねwikiを見てるんですけど、引退したのが1991年5月場所と。
辞めた時に「体力の限界。気力もなくなり辞めることになりました」と。
貴花田、貴乃花ですよね、その時の貴花田と対戦して貴花田が勝ったんでしたよね。
で、千代の富士が敗れたと。
その時に「そろそろ潮時だな」と思ったらしいんですけど、数え年で37歳の時が千代の富士が引退した時です。

それが、天中殺の2年目、ですね~
さっき、矢島晶子さんも天中殺の2年目だったんですけども、千代の富士も2年目だった、ということです。

あとそうですね、長嶋茂雄はどうなんですかね~
長嶋茂雄の引退した時っていうのをちょっと調べてみますね。
えー長嶋さんの最終出場が1974年の10月14日と。74年なんですね。
現役引退、1974年に中日の優勝が決まって、巨人のV10が消えた日と長嶋が引退を表明した。で、長嶋の記事が一色となって中日の優勝がまるで脇に追いやられてしまった、と。

じゃ、74年ということで、74年の時の長嶋さんの運勢を見てきたいと思います。
長嶋さんのがこちらです。
数え年で39歳の時が、長嶋が引退を決めた時ですね。
決意の年ですね!なるほどね。
色々なことを決断する時なんですよ、なるほど~

ではですね、最近、辞めたけど戻ってきた人いるじゃないですか、高橋大輔さん!
フィギュアの。
あの時、何で辞めて、何で戻ってきたのかを、四柱推命的に見てみたいと思うんですね。
で、高橋大輔さんの引退した時がいつだったのかを調べてみたいと思います。

引退したのが、、2014年ですね。
で、2018年7月1日復帰と。
2014年と2018年を見てみたいと思います。

高橋大輔さんの運勢がこちらです。
おー!2015年の隣だから、数え年で29歳の時に一回引退してるんですよね。
これ、「晦気」ですね~
「晦気」も、60年に1度やってくるんですけど、事故とか病気とか色んな問題に注意なんですけど、確か高橋さんて2013年のソチオリンピックの後、ケガとかでずっと出られないままそのまま引退したんじゃなかったですかね。
ちょっとwiki見てみますけど、、

2013年から2014年シーズン、NHK杯で自己ベストを更新と、グランプリファイナルの進出を決めたけども、負傷したんですね。
怪我に悩んで、そのまま引退になった。
で、今年2018年が33歳の時ですけども「絶好調」。
「絶好調」の時って再チャレンジとかにいい時なんですけども、この時は「晦気」のせいで辞めなきゃいけなかったというか、辞めることになったと、だけど、やっぱり自分の中では納得してなかったんでしょうね。
「晦気のせいで」みたいな感じだったんじゃないですかね。
で、去年から「またチャレンジしてみようかな」みたいになって今年再チャレンジと。

で、来年「宿命大半会」ですから、なんか「若い人に勝てたら儲けもの」みたいなことおっしゃってましたけど、意外といいとこまでいくんじゃないかな?と思いますよね~

ま、そんな感じで、それぞれ、矢島晶子さんは今年「納音」で「天中殺2年目」、千代の富士は辞めた時「天中殺2年目」、で、長嶋は「決意の時」に辞めていた。
で、高橋大輔選手は「晦気」の時に1回辞めて、「絶好調」の時にまた復帰、という事がわかりました。

なんとなく、四柱推命でも「あ~そういうことなのかな」ということがわかって、面白かったですね!

それでは、今回のはるみラジオは以上です。
ありがとうございました。

 

 

(北海道、山形、宮城、福島、茨城、埼玉、千葉、東京、岐阜、滋賀、大阪、京都、兵庫、愛知、岡山、福岡、大分の生徒さんが活躍中です)

 

fotune teller

 

 

 

-四柱推命, 鑑定

Copyright© 四柱推命鑑定師養成講座・横浜教室・全国インターネット受講 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.